月別: 2010年3月

G大阪2-2仙台 PK、PK、PK!予想外なPK合戦によるシーソーゲームの結果は、後半ロスタイムの仙台の執念のCKから生まれたPKにより、貴重な勝ち点1を持ち帰る事に。流れからの得点が獲れない課題を残しつつも、最後まで諦めない粘りは、今後に繋がる好材料か。

先制点となる、54分(後半9分)の梁のPKが決まったとき、「絶対に2点目が必要」と感じていた。ルーカスも、ペド… もっと読む »

第4節vsガンバ大阪戦プレビュー 敢えて「昨年天皇杯のリベンジ」とは言わない。連敗しないという最低限の目標達成のため、邪念は棄て、強かに相手のウィークポイントを突いて勝利に結び付けたい一戦。そして、古巣対戦に燃え上がる、あの選手の先発が濃厚。

必勝を喫した、アウェイ京都戦。個人的には、2007年のリベンジを果たして欲しかったところであるが、結果はご存じ… もっと読む »

第3節vs京都戦プレビュー 仙台が”歴史”を刻んできた、数少ないアウェイの地、西京極。2連勝の勢いを”春の珍事”と言わせないためにも、絶対に負けられない一戦。自慢の堅守で柳沢とディエゴを封殺し、勝利に貢献するのは、サプライズ起用が噂される”あの選手”か。

“西京極”。 この会場の名前を聞く度に、2001年の昇格決定の歓喜を、そして、2007… もっと読む »

第2節vs大宮アルディージャ戦プレビュー 7季ぶりにJ1で迎える、ホーム開幕戦。昨年以上にパワーアップした大宮を迎えるも、昨年から続く”ユアスタ不敗”を継続したい。両者共に”背負うもの”を受け、お互いに勝利渇望の期待を膨らませる一戦。

このスタジアムに、とうとう”J1″が還ってくる-。 長かった、6年間。この日を再び迎え… もっと読む »

磐田0-1仙台 梁勇基、代表帰り即先発起用に “即答”。試合開始26秒弾は、中島のサイドアタックから生まれたクロスを豪快にGK股抜き。電光石火の先制弾を守り切り、2008年の因縁の相手を敵地でねじ伏せ、溜飲を下げる。

誰しもが予想し得なかった、梁の先発-。 北朝鮮代表帰り直後で、一ヶ月もチームを離れていた事。代役候補の新加入・… もっと読む »