日: 2010年4月12日

清水5-1仙台 鹿島戦ですら味わえなかった、”J1の洗礼”。震撼させられるほどの決定力を前に、度重なる失点を食い止められず。守備面の課題を突きつけられるも、試合終了間際に見せた中原の一矢報いるヘッド弾は、リーグ最少失点の相手に叩き付けた「次回対戦の宣戦布告」か。

終わってみれば、5失点の大敗-。 前半終了間際に喰らった2失点目を皮切りに、後半も止まらない清水のゴールラッシ… もっと読む »