仙台2-1鹿島 これぞ “ジャイアント・キリング”。新加入フェルナンジーニョの秒殺弾&決勝弾で、J王者を土俵に叩き伏せる。ACLの疲労蓄積と前線の大駒を失うアクシデントに見舞われる相手に容赦なく襲い掛かり、手を抜くことなく勝ち点3を奪い獲った。そして試合後、あの御方の悲報が舞い込んでくる。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
敢えてこの話に、先に触れておこう-。

試合が行われていた最中の、午後1時30分。元仙台市長・藤井黎氏が、肺炎のため逝去された。享年、81歳。3期12年に渡って市政に携わり、その間、ブランメル時代からクラブの支援にもご尽力頂いた。また、熱烈なベガルタサポーターとしても有名で、市長を退任されたあとも、ベガルタ仙台の市民後援会名誉会長として、また1サポーターとしても、スタジアムに足をお運び頂き、機会があれば、私たちの前にそのお元気な姿を見せて頂けていた。


2003年のJ2降格時も、あの大分戦に急遽現地訪問され、降格を共に悔しがった。あれから6年。7季ぶりのJ1再昇格を見届け、そしてこの日。鹿島戦のフェルナンジーニョの2発を、果たして利府の空から見届けて頂けただろうか-。

「とても、安易に勝利を期待できるような相手ではない」

客観的に観れば、誰しもがそう感じる相手であった。だが、いざ試合が始まってみると、リーグ開幕戦以来の秒殺弾が飛び出し、しかも前半15分には、鹿島マルキーニョスが一発退場で数的有利に。それでも気を抜くことなく、丁寧に、そして大胆に鹿島を攻め立て、時には辛抱強く守備をし、そして後半16分。ほぼ試合を決定付ける、引導にも近い2点目を、鹿島に突きつける事に成功した。

試合前のプレビューにて、筆者は「相手の決定力を学ぶ、絶好の機会」と申し上げた。そして、それは確かに見て取る事ができた。マルキーニョスを失った鹿島の前線ではあったが、興梠に許したゴールに代表されるように、鹿島の攻撃陣の放つパスワークとシュートは、尽く仙台のゴールを脅かした。GK林も、いつも以上に、忙しく動いていたのを覚えている。間違いなく、鹿島はJリーグ、いやアジアでもトップクラスの実力を持つチームだ。他のJ1とは、ひと味もふた味も違った、サッカーの魅力を見せ付けてくれた。1サッカーファンとして、その点には、大変満足している。

ただ、この日は、ACLの蓄積疲労や、試合開始早々に数的不利になった事も災いし、仙台が落ち着いて対峙する余裕が、予想以上に産まれていた。マルキーニョスが一発退場となったあと、しばらくはお互いが出方の様子をみるような雰囲気を感じたが、次第に仙台は、この「1点リード、かつ、数的有利」という状況に慣れていく。

特に良かったと感じるのは、明らかに玉際の強さで鹿島の上を行った、関口選手。そして富田選手。この日はチーム全体に闘志を感じるも、特にこの2選手からは、「絶対に中盤の競り合いでは負けない」という気迫を感じ取った。

表現を変えて言うならば、この中盤の競り合いは「巧さと活きの良さのぶつかり合い」とでも言えるだろうか。もちろん、巧さの方は鹿島側で、活きの良さの方が仙台側である。

実に見応えのある、中盤の応酬だった。今季が終了した時点においても、もしかしたら、ベストゲームとして語られる一戦になるかもしれない。

ただ、中盤での意地と意地のぶつかり合いにより、試合としてはかなり面白いものとなったが、得点が動いたのは、実はその中盤の競り合いからでは無かった。

落ち着いて、得点そして失点シーンを振り返ってみたい。

前半1分。仙台のキックオフで始まり、落ち着いて右サイドバックの菅井へ下げ、そこから一気に大きく、前線中央の中原へ。彼のヘッドでの前へのすらしを梁が受け、これを一気にミドルシュート。惜しくもバーに阻まれたが、そのこぼれ球の処理を、鹿島DFイ・ジョンスがミスし(というよりも、フェルナンジーニョが始めから狙っていた)、これをフェルナンジーニョが詰めて一気に再シュート。今度は左ポストに当たるも、そのまま鹿島ゴールに吸い込まれた。

電光石火の19秒弾。この速さは、リーグ開幕の磐田戦の26秒よりも速いものとなった。

後半16分。今度は、GK林のゴールキックから。このボールを中央の中原がヘッドでまたもや前線の梁へ繋ぎ、一気にカウンター攻撃を仕掛ける。そこに連動したのが、FW起用のフェルナンジーニョだった。梁のドリブルを、オフサイドにならない位置で待ち受け、そして梁からの優しいパスを、そのまま落ち着いて鹿島ゴール左隅へ流し込んだ。

1点目も、2点目も、決して楽なシュートコースではなかった。GKに当てず、かつ枠内ギリギリを狙い、確実に得点を決める。フェルナンジーニョのこの決定力には、流石にうなずいた。伊達に、J1で7年もプレーしてきていない。仙台に足りなかった、最後の決定力。それを、この試合では相手となる鹿島から学びたいと思っていたが、その決定力を持つ選手を、既に獲得していたのだった。

言いたくはないが、もしこのFWの位置が、中島選手であったならば。

おそらく、枠を外すか、GKにぶつけていたかのどちらかで、得点には至っていなかっただろう。

失点シーンにも、目を背けず、確認しておきたい。

後半31分。中盤の競り合いの中、鹿島陣内から、小笠原が一気に前線へボールを入れる。それに反応したのは、興梠だけ。彼を2人で挟み込み、ボールを奪うはずであったが、これをものともせず、見事な一瞬のボールさばきで、林の頭上を越えるループを撃たせてしまう。これが決まり、2-1となった。

お気付きだろうか?

実は、2得点も1失点も、どちらも「後方からの大きな展開で、一気にカウンター攻撃を仕掛けた結果」のものなのである。トリブルなどで中央やサイドを突破し、クロスを挙げてシュートを撃ったような、いわゆる「相手を崩して」のものではない。相手の隙を伺い、そこを一気に攻め立てる、カウンター攻撃による得点と失点だったのだ。

これは丁度、ボクシングの試合展開にも例えられるかもしれない。

お互いが中盤で、ジャブ(=競り合い)の応酬をし、相手の隙を伺うも、なかなかお互いが隙を見せない。ところが、得点欲しさに、ほんの少し前掛かりになったところの「裏」を突き、一気にカウンターパンチを喰らわして得点に繋いでしまった。

試合開始直後の19秒弾こそ、相手が前掛かりになっていた訳ではないが、相手が「まさか」と思うようなタイミングで攻撃を仕掛けるという点では、カウンター攻撃に通じるものを感じている。

そして、この試合の2得点・1失点を演じた役者を確認しておきたい。

まず、得点シーン。1点目は、菅井→中原→梁→フェルナンジーニョの流れ。この間、19秒。2点目は、林→中原→梁→フェルナンジーニョ。この間。8秒。

そして失点シーンは、小笠原→興梠の流れ。この間、7秒。

2得点のシーンでは、中原の頭を起点として、梁が決定機を作り、そして廻りがフィニッシュするという「構図」が完全に出来上がっていた。この構図は、実は、ちゃんと事前に決められていた「約束事」だったとの事。まさか、それが絵に描いたように、綺麗に2得点として結果に出るとは夢にも思ってなかったらしい。が、間違いなくチーム戦術として、各選手が連携した結果の2得点である。この2点は、もしかしたら、両方とも梁が決めていた可能性もある。1点目などは、梁の豪快なミドルから産まれたものであったし、2点目は、梁が自らシュートを選択したかもしれない。ただ、結果的に、フェルナンジーニョとの連携による得点となったものであり、梁には最低でも「アシスト1」が記録されるだろう。今節の2得点のうち、1点は梁の記録にしたいくらいである。

また、失点シーンでは、ゲームメーカーである小笠原からのロングフィードを、興梠がそのまま得点機にしてしまったところも、また見事な連携である。考えてみれば、小笠原も興梠も日本代表候補。素晴らしいプレーが出来て、当たり前な選手たちなのだ。

満を持して対峙した、昨年のJ1チャンピオンと、昨年のJ2チャンピオンの一戦は、鹿島のACLによる疲労と、数的有利というハンデを貰いながらも、相手の総合力の高さの前では、決して楽な試合展開とはならなかった。むしろ、1点先制と1人多いというこの状況を以て、ようやく戦力が均衡する展開となり、非常に見応えのある試合を拝見する事ができた。次は、是非とも、相手に疲労も数的不利もない、完全にガチな状態で対戦してみたい。

今節に限って言えば、冒頭にも書いた藤井氏の「お力添え」があったのかもしれない。人は、その生命の終わりが近いと感じた時、ゆかりのある人のところや場所へ、魂だけが飛んで行って、最後の別れをしてくると言う。

誰よりも、この一戦を待ち望んでいたのは、他ならぬ藤井氏だったのかもしれない。そしてその試合を、利府の空から見下ろし、このチームがJ1の舞台で、チャンピオンを相手に、一歩も引かずに見事な勝利を挙げた事を見届けてから、旅立って逝かれたのだと信じたい。試合の最中に逝去された事が、決して偶然ではないと感じるのは、筆者だけではないはずだ。

2010年4月4日。

この日は、仙台というクラブの歴史の1ページとして、これを応援する者みなの心の中に、深く刻まれる事だろう。

藤井氏のご冥福を、深く心よりお祈り申し上げたい。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村