月別: 2011年4月

仙台1-0浦和 全国が注目する「被災地クラブのホーム開幕戦」は、仙台の、対浦和戦初勝利という結果に。そしてそこには、気持ちで掴んだ勝利というよりも、浦和の良さを潰す冷静な策略と、最後まで落ちない豊富な運動量に裏付けされた、J1のチームらしい勝ち方が出来るようになった、チーム成長の跡が見て取れた。もはや、この勝利は「ジャイアント・キリング」とは言えない。

試合直前のカントリーロードのとき、スタンド中でみられた、サポーター同士が手を取り合って選手を迎える姿。それは、… もっと読む »

第8節vs浦和戦プレビュー 未だ前節の興奮冷めやらぬうちに、満を持して迎えるホーム開幕戦。練習場提供などでお世話になった浦和をホームに迎えるが、「”空気は読まない”と豪語する柱谷GM」の鼻っ柱を折るべく、持てる力を全て発揮しての迎撃体制を整える仙台イレブン。満員御礼の聖地・ユアスタで開催される震災後初のホームゲームは、再会を喜ぶサポーターの輪と、亡くなられた方への哀悼の意、そして、被災地・被災者へ向けた応援の意で包まれる事だろう。

49日。 この数字を、あの大震災が発生した3月11日から数えていくと、ちょうど今節の開催日となる「4月29日」… もっと読む »

川崎1-2仙台 決して良くないピッチコンディションの中、気迫と気持ちを前面に出してもぎ取った、見事までの逆転勝利。諦めずに戦い続ければ報われるんだ、というメッセージを、サポーターに、そして被災地・被災者の皆さんにも届ける事が出来ただろうか。後世に語り継ぎたい、記憶に残る殊勲の一勝。

試合後の勝利監督インタビューの途中で、込み上げてくるものを抑えられず、背を向けて涙を拭く、手倉森監督の姿が印象… もっと読む »

第7節vs川崎戦プレビュー 震災の影響を受けながらも、いよいよ再開されるJリーグ。今季開幕戦の状態から、大きく変わってしまったチーム事情。だが、それをも乗り越えて、再び歩み始めなければならない。地域復興の象徴的存在として、クラブに、チームに、そして私たち仙台サポーターに、課せられた責務は重い。この苦難を乗り越える姿をみせる事こそが、最大の地域復興支援だ。

辛い事があったときも、チームがJ1昇格を目指して頑張る姿に、何度も癒され続けてきた。苦しい事があったときも、ゴ… もっと読む »