月別: 2011年5月

仙台1-1横浜FM お互いの良いところを出し合った好ゲーム。2点目を奪いきれずに追い付かれたものの、絶好調の横浜FMを1失点に抑えての勝ち点1は大健闘。”ちゃぶり返し” し損ねた一戦だったが、今後の上位対戦に期待の持てる内容と言える。これで8戦無敗。首位の柏と共に、注目度高い2位を堅持。

久しぶりに、感じるストレスの少ない好ゲームを観た、という感想を持った試合だった。 勝利を逃した点については不満… もっと読む »

第13節vs横浜FM戦プレビュー 前回ホームの磐田戦に続く、緊迫の上位直接対決。今季、今だ無敗の仙台が、現在リーグ最多16得点の横浜Fマリノスをホームに迎えての一戦。個の能力ベースの横浜FMを、組織力ベースの仙台が、どう相手をいなし、最少得点差で勝ちきれるか。ポイントは”雨の影響の有無”と”修正力を含めての後半勝負”にある。

前節終了後の各局のスポーツニュースや、スポーツ紙面上で飛び交ったフレーズ。 「J1仙台、リーグ唯一の無敗チーム… もっと読む »

山形0-1仙台 ”ダービーらしい”会場の雰囲気の中、”ダービーらしくない”堅い試合運びで、キッチリと1-0勝利をもぎ取った仙台。追試課題だった「ゲーム終盤の試合運び」をほぼ合格点とし、3試合ぶりの勝利で、単独2位に再浮上。対する山形は、力なく、3試合連続無得点での3連敗。

心配された雨模様も、試合1時間前には上がり始め、昨年ほどの酷さは感じられなかった。ピッチ上も雨の影響はほとんど… もっと読む »

第12節vs山形戦プレビュー 「今度こそ。」2試合連続で終了間際に勝利を手放している仙台と、得点力不足や失点癖に喘ぎ、今季2勝目が遠い山形。お互いが3試合ぶりの勝利を目指すが、この試合は「ダービー戦」。リーグ戦の一環として安易に考えれば、きっと痛い目に遭う。ダービー独特のモチベーションを携え、強い気持ちで臨むべし。

両者、中7日で臨む、今季初のみちのくダービー。お互いに疲労は癒え、フレッシュな状態で対峙する事になるだろう。も… もっと読む »

仙台3-3磐田 両SB連携による華麗な先制点も、ジュビロキラー・赤嶺の追加点も、そして試合終盤の角田の突き放し弾も。相手をいなし切れずに失点を重ねる展開では、勝ち点1でも嬉しくない。2試合連続の後半ロスタイム失点は、絶対に修正すべき課題。「6戦不敗」を言い逃れの材料にせず、敗戦を越える危機感を持って、次節へ臨むべし。

「サッカーは、2-0からが一番怖い」。そう言われて久しいが、今節は、嫌と言うほど「それ」を味わった試合だった。… もっと読む »

第11節vs磐田戦プレビュー 赤嶺の復帰期待、朴柱成出場停止明けなど、主力陣が戻ってくる今節。期待するのは、赤嶺・太田で構成する「磐田迎撃2トップ」の活躍。しかしその裏で、”俺たちの野獣”が、牙を剥いて出番を狙っている。昨季2勝と好相性だが、相手も上り調子。変わらぬ戦い方で、再び、前へ。

GWの連戦も終わり、久しぶりに1週の間が空いたJリーグ。ミッドウィークで開催されたACLの結果を見て、日本から… もっと読む »

C大阪1-1仙台 逃した勝ち点2の”意味”とは。九分九厘手中にしていた勝利が、ラスト2分で滑り落ちる怖さ。内容でも勝っていただけに、非常に勿体ないドロー終劇だったが、失ったこの「勝ち点2」を、意味のあるものに出来るかどうかは、「自分たちの捉え方一つ」で決まる。

掲示された後半ロスタイムの時間、5分-。 誰しもが、「絶対、そんなに長い訳ないだろう!?」と思ったはず。筆者も… もっと読む »

第10節vsC大阪戦プレビュー ACLの真っ直中、連戦の疲労感漂うC大阪と、攻撃陣が満身創痍の仙台との対戦。どちらも我慢の戦いを強いられそうな一戦で、ポイントとなるのは「控え陣の出来」か。高い攻撃力で仙台を畳み掛けたいC大阪に対し、高い守備力でロースコア勝負に持ち込みたい仙台。GW連戦の最終戦は、今季初のナイトゲームとなる。

4/20 away ACL 韓国・全北現代戦。4/24 away J1  山形戦。4/29 home… もっと読む »

仙台1-0福岡 とても3連敗中とは思えない、中盤での躍動感を以て、仙台と”がぶり四つ”に組んだ福岡。川崎戦とも浦和戦とも違う、「連敗中のチームが醸し出す独特のプレッシャー」に手こずった仙台だったが、最後は”懐刀”のセットプレーと、的確な采配で逃げ切りに成功。3連勝を達成し、同時刻開催の山形の”アシスト”を受け、首位に浮上!

戦前のプレビューで、絶対に油断できない相手という事を書かせて頂いたが、やはり油断ならない相手だった-。 アビス… もっと読む »

第9節vs福岡戦プレビュー ”過熱気味”だったメディアの報道が収まりつつある中においても、リーグ戦は粛々とやってくる。気が付けば、GW期間の連戦という大事な時期。ビッグネーム相手に2連勝+目下3連敗中のチームが次の相手とかけて、兎と亀の物語、と解く。その心は「気の緩みから来る苦戦と、危機感の差」。最後は、強い気持ちと良い準備の差が勝敗を決す。

リーグ再開戦のアウェイ川崎戦、そしてホーム開幕の浦和戦。ともに、震災後の被災地チームとして、全国から大きな注目… もっと読む »