月別: 2011年6月

清水1-0仙台 今季初の敗戦も、6月の5連戦を2勝2分1敗の立派な成績で乗り切った。負ける訳には行かないけれど、シーズンを通しての無敗は無理。それがここで来たという事。昨年の大敗を思えば、チームは充分に成長している。清水とは、7月にすぐにリベンジの機会あり。気持ちを切り替えて、7月対戦へ。

2週間で5連戦の、5試合目。気温は25℃を越え、湿度に至っては87%という高さ。しかもアウェイで、相手はホーム… もっと読む »

第18節vs清水戦プレビュー 開幕からのJ1リーグ戦連続無敗記録タイ「13」に、王手の仙台。だが、この試合を「記録云々よりも、昨年の雪辱戦だ」と捉える向きのほうが、「民意」としては正しいか。昨年からの選手入れ替えが激しく、今だ「チーム構築中」の清水のホームへ、満を持して、昨年のリベンジに燃える仙台が乗り込む一戦。

2005年以降の「1シーズン制」では、開幕からの10戦無敗だった記録を既に更新している仙台。そして、2004年… もっと読む »

仙台4-0甲府 It’s bonus game!! 地の利と暑さを味方に付け、「夏に弱い仙台」のイメージを払拭する圧勝劇を披露。不安視されたチョ・ビョングク欠場の穴を、渡辺広大が見事に補完。梁の「パパ1号&J300試合出場」記念の今季第1号も飛び出し、開幕12戦無敗記録も更新。勝負のポイントは、「選手起用と戦い方の妙」にあった。

キックオフ2時間前。発表された、先発・ベンチメンバーの中には、期待されていたチョ・ビョングクの名前がなく、新潟… もっと読む »

第16節vs新潟戦プレビュー 不動のセンターバック、チョ・ビョングク欠場濃厚も、全員守備で”堅守”は崩さない。対する新潟は、多数の負傷者に加え、チョ・ヨンチョルを始めとしたU-22代表に選手を獲られ、ベストメンバーからはほど遠い状態。負ける気のしない相手だが、窮鼠ほど怖いもの無し。舐めて掛からず、全力で倒す。

調子の良いチームほど、連戦は好都合。逆に、調子を落としているチームには、連戦は不都合-。 リーグ戦では良く言わ… もっと読む »

仙台2-1G大阪 ”動”の前半、”激動”の後半。アドリアーノに6試合連続となる個人技弾を許すも、課題だった「2点目」を試合終盤に奪っての快勝劇。セットプレーからの菅井ヘッド弾、そして今季初出場のFW柳沢を起点とした、「崩しの美学」とも言えるショートカウンター赤嶺弾。共に、ビューティフル!

14,519人-。平日の昼間開催だと言うのに、よくぞここまで入ったものだ。相当な招待券の配布があったと予想され… もっと読む »

第15節vsG大阪戦プレビュー MF松下、古巣対戦に意欲。公式戦2試合連続アシスト中の「元・ガンバ戦士」が、ホームで古巣撃破を誓う。異例の平日昼間開催となる今節、敵は「強力な攻撃陣」と「暑さ」のダブルパンチか。相手の失点の多さをどう分析するかが勝敗を分けるカギとなりそうな一戦。

6月の5連戦の2戦目。いよいよ、今季限定の「平日昼間開催」の一戦がやってくる。 それも、相手はあのガンバ大阪。… もっと読む »

第14節vs神戸戦プレビュー 今だ、公式戦無敗街道を快走中の仙台が、昨季2敗の難敵の本拠地・神戸へ乗り込む。注目点は、仙台の不動の10番・梁の欠場はあるのか、そして、神戸は大久保の出場停止を、誰が穴埋めするのか。共に、先発からゲームメーカーを欠く様相の中、6月の蒸し暑い5連戦が、その幕を切って下ろす。

一週間前のナビスコカップ1回戦・Away LEG. 柏レイソル戦を、見事に勝利で飾った仙台。その試合では、日本… もっと読む »