月別: 2011年9月

【ナビスコ杯2回戦 2nd LEG】磐田3-0仙台 リーグ戦好調の狭間に産まれた完敗劇。同杯連覇を狙う磐田の出足の速さと豊富な運動量の前に、仙台は終始、やりたいサッカーをやらせて貰えなかった。だがこれで、再開するリーグ戦へ向けての「ふんどしの締め直し」が出来るというもの。これがカップ戦で良かったと思えるように、リーグ戦での更なる飛躍に期待したい。

 今季、仙台が敗戦するときは、ある決まったパターンのようなものが存在する。それは、「自分たちのサッカ… もっと読む »

横浜FM1-3仙台 「必殺・ちゃぶり返し」。あらゆる意味で予想外な展開の中、先制点を許した後も、焦れずに試合を制御した仙台が、横浜FMの”隙”を巧みに突いて、なんと3得点の逆転・快勝劇。角田・豪快同点弾、柳沢・仙台初得点の逆転決勝弾、赤嶺・5試合連続となるダメ押し点で、チーム4連勝を達成!

 誰も、こんな展開など想像し得なかったに違いない-。   リーグ屈指の失点の少なさを誇る2… もっと読む »

第27節vs横浜FM戦プレビュー 共に5戦無敗の好調チーム同士の対戦は、同時に、リーグ失点数でも1位・2位を争う堅守決戦。堅い展開が予想されるも、スコアレス終劇は考えにくい。仙台は、絶好調・赤嶺の得点に期待が掛かる。仙台らしい戦い方を貫き、昨年に続いての日産スタジアム連勝を狙いたい。

 あの9戦未勝利の脱出口となった、アウェイ名古屋戦。あの雨中の戦いでの 1-0 勝利から、仙台は、リ… もっと読む »

仙台2-0新潟 両者が渇望した先制点は、仙台にもたらされ、更に、カウンターからの幸運なPK獲得による追加点を奪っての快勝。前半の苦しい時間帯を乗り切った先の後半に、耐えたチームへの”ご褒美”が待っていた。新潟から、リーグ戦では実に10年ぶりとなる勝利を奪い取り、今季2度目の3連勝を達成。

 前半の新潟の出足の良さ、そして、仙台の守備へ苦心が、試合序盤のペースを新潟に奪われてしまっている事… もっと読む »

第26節vs新潟戦プレビュー リーグ戦では、5月以来の3連勝を狙う仙台。相手は、前回対戦時と同様、U-22の主力を欠いて臨んでくる新潟。しかも今度は、GK東口にブルーノ・ロペスも居ない。主力を大きく欠く相手に、こちらは関口を欠くも、ほぼベストメンバーで臨める仙台だが、前回対戦時は、苦しんでのドロー。さぁ今度は?

 9月の対戦カードも、先日のナビスコカップ2回戦・磐田戦で、ちょうど折り返しとなると共に、1週間で3… もっと読む »

【ナビスコ杯2回戦 1st LEG】仙台0-0磐田 「勝てなかった」のではなく「無失点で凌いだ」事に、大きな意味がある。アウェイゴールルール適用である以上、ホームでは、勝つ事と同じくらいに、無失点は評価されるべき結果。第2戦へ向け、仙台、視界良好。

 堅かった。実に、堅い試合だった。   前半のシュート数を比較すると、仙台・磐田、共に4本… もっと読む »

甲府1-2仙台 仙台らしいアウェイでの戦い方を貫き、後半に2トップが活躍して快勝。ハーフナーに一矢報いられるも、その後をしっかりと守りきり、5月以来の連勝を達成。自身の今季10得点目ともなった赤嶺の決勝弾により、チームの勝ち点は38へと伸び、今季残留をほぼ決定づけた。順位でも直上に居た広島を抜き、6位浮上!

中断期間明けの初戦。お互いに休養十分(代表帰りの梁を除く)で臨んだ一戦は、休養十分だったとは思えない、比較的静… もっと読む »

第25節vs甲府戦プレビュー 「中断期間」明けの連戦の初戦は、前回ホームで4-0と大勝した甲府。代表初招集されたハーフナー・マイクが、降格圏に沈むチームを救うべく、仙台に襲い掛かってくるのは必至。お互いに休養充分も、甲府はハーフナーが、そして仙台は梁が、それぞれの代表疲れをどこまで回復できるかがカギか。仙台は、ボランチ角田の復帰も好材料。

中断期間中の9月4日の日曜日。ユアスタでは、モンテディオ山形との練習試合が行われた。結果は0-1での敗戦だった… もっと読む »