月別: 2012年3月

第4節vsC大阪戦プレビュー 仙台にとって今季初の上位陣・直接対決は、共にリーグ戦3試合で僅かに1失点づつと好調同士の対戦カード。天皇杯を含めた「キンチョウスタジアムでの過去3戦」は全てドローも、今度こそ決着が付きそうな気配が。昨年末の天皇杯ではPK戦で敗退しただけに、今度こそ「90分での決着」を。新加入・DF上本大海、いきなりの古巣戦。

 また雨ですか、そうですか-。   ここのところ、土曜日に集中して、全国的に天候が崩れるパ… もっと読む »

仙台4-1大宮 今季初のリーグ戦失点&逆転勝利は、苦しい立ち上がりの前半から一転、自分たちのサッカーを取り戻した後半だけで4得点と、大爆発の快勝劇。MF太田吉彰が全得点に絡む大活躍で、リーグ戦3連勝。単独首位を堅持。

 試合当日の朝は雨だと思っていた、前日夜の夜半過ぎから、いつの間にか雪に変わっていた、気まぐれな早春… もっと読む »

第3節vs大宮戦プレビュー ナビスコ浦和戦の敗戦から、再び戦いの場はリーグ戦へ。なおも降り注ぐ「週末の雨」の中、強力な新戦力を擁する大宮をユアスタに迎える一戦。ここで加える「勝ち点3の重み」は、今後のリーグ戦の展開を占う上で重要な試金石となる。キーマンは、やはり武藤か。

 またしても、試合当日は雨の予報-。   ここのところ、土曜日に雨模様が集中しており、そろ… もっと読む »

【ナビスコ杯予選第1節】浦和1-0仙台 敗戦以外では、非常に収穫の多かった一戦。そこに観られた「別バージョンの仙台」は、近未来のベガルタの姿の一端か。武藤初先発に加えて、原田・奥埜の公式戦初出場も記録。再び見据えるリーグ戦へ向け、視界良好。

 今季公式戦4戦目にして、ようやく雨とは無縁のサッカー試合日和。気温も12度と、選手・サポーター共に… もっと読む »

横浜FM0-2仙台 待望の先制点は、またもセットプレーから。赤嶺の「日産スタジアム3戦連発」となる先制点と、そして太田のPKによる追加点は、ともに「終了間際」の時間帯の粘りから産まれた。またも雨中の対戦、それでも前線からの攻撃的守備が今節も機能し、横浜FMの攻撃をゼロ封殺。長めの後半アディショナルタイムの末に待っていたものは、よもやの「武藤PK奪取からの追加点」という演出だった。

 筆者としては、2年ぶりの日産スタジアム。「あの時」は、赤嶺の前半14分の先制ゴールがそのまま決勝点… もっと読む »

第2節vs横浜FM戦プレビュー 今季初アウェイ戦は日産スタジアムから。リーグ開幕の鹿島戦を完封勝利とし、意気揚々と敵地へ乗り込む仙台を、前節に柏との壮絶な撃ち合いの末、粘強くドローに持ち込んだ横浜FMが迎え撃つ。開幕に引き続き、大黒柱・梁が不在も、その不安を払拭した関口・太田・松下らアタッカー陣の健在ぶりが、開幕連勝を大いに期待させる材料か。

 大黒柱・梁が不在である事を、すっかり忘れさせてくれた、先週の開幕・鹿島戦。生憎の雨模様も、プレーに… もっと読む »

仙台1-0鹿島 昨年の勢いからの継続性を見せた、内容をも伴った1-0完勝劇。驚くほどハマった「前線からの攻撃的守備」で、戦術再構築中だった鹿島が相手とは言え、試合を最後まで巧みにコントロールした仙台に軍配。震災1年の特別な試合で挙げた勝利は、新加入・DF上本大海の見事なまでの戦術浸透が礎となった。

 正直言って、まさかあの鹿島を相手にして、ここまでの試合内容での勝利劇を見せてくれるとは、到底予想だ… もっと読む »

第1節vs鹿島戦プレビュー 気持ちも新たに迎える2012シーズンは、昨年からの堅守を継続しながらも、前線からの積極的な守備で、より攻撃的にゴールを狙うスタイルで臨む。共に、震災の影響を大きく受けた鹿島を迎えての、本拠地リーグ開幕。期するもの多かれど、まずはゴールを。願わくば、勝利を。

 あの大震災から、ちょうど1年。だが、それほど昔の事とは、到底思えない。あまりにもその傷は深く、そし… もっと読む »