月別: 2012年9月

清水3-1仙台 菅井の先制点などで最高の折り返しをした前半から一転。次々と守備陣に退場や・負傷交代が相次ぎ、ズルズルと3失点した悪夢の後半。乗せてはいけない相手を乗せてしまった、今季ワースト級の敗戦。首位広島との勝ち点差も5に広がり、優勝争いは黄信号へ。

 試合の入りは、実に最高の出来だった。仙台の選手は流動的に動き、パスを廻し、清水の守備陣を、それこそ… もっと読む »

第27節 vs 清水戦プレビュー J1復帰後、唯一の未勝利チームとの対戦。今季リーグ戦でも初黒星を喫した清水が相手だが、過去の記録は過去のもの。ボランチ富田が出場停止から復帰し、ベストメンバーで臨める好材料に加え、好調のウイルソン・赤嶺への期待高まる攻撃陣の躍動を確認したい一戦。今度こそ、「清水に土」を。

 この一戦へ向け、在仙各局は、こぞって「J1復帰後、唯一の未勝利チームとの対戦」だの「今季も初黒星を… もっと読む »

仙台2-1神戸 壮絶な撃ち合い・攻め合いとなった激戦。4試合連続で先制点を献上しながらも、エース赤嶺の2試合連続弾で同点とし、ラストはCKから鎌田の豪快オーバーヘッドで逆転勝利。勝てると信じた選手・サポーターの気持ちが結実した一戦。劇的な勝ち方が出来るチームにこそ、優勝の資格あり。

 戦前。ある程度は「攻め合いになる」とは予想はしていたものの、ここまで壮絶な撃ち合いになるとは、とて… もっと読む »

第26節 vs 神戸戦プレビュー 対戦相手に関係なく、これは紛れもない”首位攻防”戦。勝利最優先・必勝を狙う戦いは、調子の上がらない13位・神戸をホームに迎えての一戦となる。ボランチ富田・出場停止の代役は、松下の起用が濃厚。富田不在を感じさせない、超攻撃的な姿勢こそ、勝利を呼び込む。”守り”に入るな、”攻め”に出ろ。

 前節の首位攻防・広島戦では惜敗を喫したものの、広島との勝ち点差が3未満である以上は、今節の神戸戦も… もっと読む »

広島2-1仙台 不運な先制点献上に、ゴール前の混戦を押し込まれて決勝点を許す。太田・赤嶺ラインで完璧に崩して食い下がるも、敗退2位。だが、これで面白くなったとも言える優勝争い。まだまだ判らない優勝戦線において、仙台としては、自分たちのサッカーに自信を失わない事が大事。

 仙台に「ユアスタ劇場」があるなら、広島には「ビッグアーチ劇場」があるのだろう-。   J… もっと読む »

第25節 vs 広島戦プレビュー リーグ終盤、最初の天王山。公式戦3戦未勝利の広島 vs 公式戦3連勝の仙台の構図で迎える首位攻防戦は、過去対戦状況から、またもロースコアードな展開となるのか。共に攻撃力の高いチームの「潰し合い」の中で、広島・佐藤寿人と、仙台・ウイルソンの両エースの活躍がカギを握りそうな一戦。挑戦者たれ、仙台。

 この大事な一戦を前に、各メディアから聞こえ伝わってくる、あるワンフレーズ。それが「チャレンジャー」… もっと読む »

【天皇杯】ベガ仙1-0ソニ仙 主力メンバーを充分に投入して臨んだにも関わらず、僅か1得点の辛勝。試合の主導権は握り続けた、決定機も多く造った。それでも奥埜の1得点に留まった。決めるべきところで決められない悪癖は、リーグ戦に向けて、何としてでも改善したいポイント。

 3年連続での仙台ダービー。その内容は、3年連続で苦しいものとなった。勝つには勝った。試合の主導権も… もっと読む »

仙台2-1川崎 2試合連続で先制点を許す展開も、”伝家の宝刀”セットプレー2発で逆転勝利。田村・執念の同点ヘッド、梁・久々のビューティフルFK弾炸裂。2試合連続の逆転勝利で、今節ドローに終わった広島を勝ち点で抜き、4節ぶりに首位を奪還。次節、「首位攻防・秋の陣」広島との直接対決。

 後半17分。川崎ゴール側ペナルティエリアの、すぐ外、ほぼ中央で得たフリーキック。蹴るのはもちろん、… もっと読む »