月別: 2013年4月

仙台1-1鳥栖 若武者・武藤、チームの危機を救う大車輪の活躍で、赤嶺の今季初得点を””アシスト”。試合は分けたが、江蘇戦、そしてその後のリーグ戦に繋がる、貴重な一戦だった。今後も、引き続き負傷者の影響は引き摺るものの、サブメンバーを含めた総力戦で乗り切りたい。

 この日の仙台は、連戦の疲れからか、前半は体力のある時間帯にも関わらず、運動量は少なく、攻めも単調で… もっと読む »

第8節 vs 鳥栖戦プレビュー ACL予選突破の可能性を残す”しぶとさ”をみせた仙台が、そのACL予選最終節との狭間に来るリーグ戦を迎える。相手は、昨季2分けの鳥栖。エース豊田を如何に沈黙させて相手に土をつけさせるか。ACLブリーラム戦で負傷交代した、CB石川の状態も気になる一戦。

 ACLブリーラム戦での中原の劇的同点弾から、中3日で今度は、リーグ・鳥栖戦をホームで迎える。J1で… もっと読む »

【ACL予選第5節】ブリーラム1-1仙台 予選敗退濃厚の中でみせた、選手たちの意地。試合終了間際の「ラスト1分・劇的中原弾」は、全員で掴み取った、勝利に値する「勝ち点1」だった。劇的過ぎる幕切れの様相は、ホームユニだった事を含め、まるで、「ユアスタ劇場」そのもの。臨んだメンバー構成と結果を思えば、果てしなく大きな自信を掴んだ一戦となった。

 掲示された、後半アディショナルタイムは4分。そのうちの3分を過ぎようとしていたとき、仙台の選手全員… もっと読む »

川崎4-2仙台 ミスから自滅し、前半のうちに3失点。後半2得点の勢いを、前半から見せてくれれば。この大敗に意味を見つけるなら、失点に絡んだ和田の「成長の糧」としてか。大敗するときは、こんなもの。さっさと忘れて、次への気持ちの切り替えが肝要。

 年に、1度や2度、こういう負け方をする試合はあるものだが、今季はいきなり、「それ」の苦みを味わう事… もっと読む »

仙台2-1FC東京 圧され気味の前半を好守備で耐え凌ぎ、後半開始直後の”角田ロケット弾”で口火を切った、反撃の狼煙。その後のウイルソンの豪快ドリブル弾でも酔いしれ、FC東京の反撃を1点に抑えての快勝。仙台4-4-2最強伝説、確証を得たり。

 予想通り、FC東京は前半から「勝ちたい気持ち」を前面に押し出し、プレッシングとポゼッションで、中盤… もっと読む »

第6節 vs FC東京戦プレビュー ACL初勝利を受け、”仕切り直し”と行きたいリーグ戦。ホーム3連戦の最終戦を勝利で締め括り、今後の上昇気流に、しっかりと乗りたい。昨年の「リーグ最終戦の雪辱」の意味もある今節、取り戻した自信を、結果に繋げられるか。

 直近のACL初勝利(4/10ユアスタ、vsFCソウル戦)から、僅かに中2日。15日間で5連戦の、最… もっと読む »

【ACL予選第4節】仙台1-0FCソウル 点差以上の完勝劇。スコアこそ最小得点も、内容でFCソウルを圧倒し、追加点が産まれてもおかしくなかった展開。角田・富田のダブルボランチ先発復帰により、原点回帰の 4-4-2 で、自分たちのサッカーを取り戻した仙台。さぁ「反撃」はここからだ。

 先週のアウェイFCソウル戦では、反撃の狼煙が遅く、終盤のPKによる1点に留まっての1-2敗戦。 続… もっと読む »

仙台0-1新潟 完敗。点差以上に感じた、お互いの「出来の差」。新潟の前線からのハイプレスに屈し、これを押し返すアイデアも出せず、為す術無くホームで無惨な敗戦。シュートで終わる意識すら持てないようでは、勝利どころか得点すら無理。「始まったばかり」は聞き飽きた。

 試合終了を告げるホイッスルが鳴ったとき、「何故こうなる・・・」という、空虚な想いで、胸が張り裂けそ… もっと読む »

第5節 vs 新潟戦プレビュー ”巻き返しのホーム3連戦”となるか。ACLでの悔しい敗戦から中3日で迎えるホームゲームで、仙台の屋台骨である、角田と富田の”主戦場復帰”濃厚。「堅守と攻撃の起点」を取り戻し、狙うは、浮上のきっかけとなる勝ち点3。復調傾向にある新潟をホームで撃破し、ここから4月反攻の狼煙を上げたい。

 ACLを含めた5連戦のうち、アウェイ2連戦が終了し、残るはホーム3連戦となった。この時点での公式戦… もっと読む »

【ACL予選第3節】FCソウル2-1仙台 試合序盤でアッサリと2失点し、苦しい時間帯が続いた前半。富田の投入によって、布陣の落ち着きと攻撃力を回復し、終盤の猛攻に繋げた後半。せっかくの数的有利状況を活かせず、ACLでは初敗戦となった。FCソウル、流石に強し。仙台は猛攻実らず、またも結果に繋がらず。

 試合終了のホイッスルが鳴ったとき、言いようのない悔しさが込み上げてくるのを覚えていた。 &nbsp… もっと読む »