月別: 2013年5月

浦和1-1仙台 梁、菅井復帰。落ち着いた試合運びの中で、後半に痛恨のPK献上から先制点を許すも、その後の猛攻で、太田のGK股抜きゴールが決まって同点。ドローながら、浦和の攻撃を沈黙させる守備ブロックで、ほぼゲームプラン通りか。PK献上が無ければ1-0で勝ったとも思われる好戦。さぁ中断期間!充電、充電。

  試合当日の関東地方は、梅雨入り宣言も報じられ、空模様も気になってはいたのだが、いざ会場へ足を運ん… もっと読む »

第9節 vs 浦和戦プレビュー リーグ戦中断前の最後の一戦。相手は2試合連続6得点と”確変中”の浦和だが、要注意ポイントは、その得点力に非ず。策士・ペトロヴィッチ監督の策略に乗らず、ドローで上等ぐらいの気持ちで、相手の”焦り”を誘え。角田出場停止の穴を受け、和田ボランチ先発起用も。また、浦和に移籍した関口の初先発の声も。

 他のJ1チームは前節で中断期間に突入したが、ACL出場組の4チームは、日程の都合上延期となっていた… もっと読む »

清水2-0仙台 「対・清水戦」は、またしても、清水の後塵を拝す結果に。仙台の弱点を突く狙いで「堅守速攻」を敷いてきた清水側の大胆な戦術・布陣変更に対応できなかった、仙台の「完敗」。これは「相性」なんかじゃなく、負けるべくして負けた試合。悔しいが、今はこの結果を受け入れ、認めるしかない。次は、絶対倒す。

 バレー、出場停止。 ヨンアピン、負傷欠場。 相手は中2日。 平均年齢22歳台の若手中心。

第13節 vs 清水戦プレビュー 今季初、上本を除いたベストメンバーが出揃う今節。このタイミングで、”天敵”清水と相対する幸運。今度こそ、J1復帰後未勝利の相手を、完膚無きまでに叩き伏せたい一戦。ただ勝つだけじゃダメ。上位進出を狙うなら、絶対に完勝が必要。ベストメンバーの仙台が、主力出場停止や離脱に喘ぐ清水を、容赦なく土俵際から突き落とす。

 役者は揃った-。   この言葉が、今節こそ当て嵌まるタイミングは無いだろう。負傷でひと月… もっと読む »

横浜FM0-0仙台 最多得点チームをアウェイでゼロに抑える奮闘も、ウイルソンを欠く攻撃陣に得点が産まれず、勝ち点2を取りこぼしたとも言えるドロー決着。ただ、内容は横浜FMの攻撃の抑え込みに成功しており、今後の戦いには自信を持ちたい。ウイルソン代役の柳沢、2つの決定機逸も、その良質な動き出しは未だリーグ屈指。

 「マリノスを仕留め損ねた」という見方が、一番「的を射ている」だろうか。   J1第12節… もっと読む »

第12節 vs 横浜FM戦プレビュー 上り調子の仙台 vs 下り調子の横浜FM の対戦構図となる今節。相性抜群の日産スタジアムで、復調を裏付ける勝利を目指す仙台。DF鎌田リクエストの”ゆりかごダンス”実現と勝利へ向け、中6日で休養充分の仙台が、ナビスコカップ絡みで中2日の横浜FMと相対する。首位に続き、2位も喰い破れ、仙台。

 ACL予選敗退後の5月のリーグ戦で連勝とし、"5月反攻"を具現化しつつある仙台… もっと読む »

仙台2-1大宮 ”仙台時間”だった前半、”大宮時間”だった後半。その前半のうちに2得点を挙げ、後半は1失点で我慢し、無敗・大宮を、土俵際から突き落とした。赤嶺・ウイルソンの2トップ揃い踏みに加えて、チーム全体で大宮の攻撃を封殺出来た事が勝因。「ストップ・ザ・大宮」ミッション、コンプリート!

 キックオフの時間が近づくにつれ、仙台地方上空に立ち籠めてきた「暗雲」。果たしてこの暗雲は、どちらの… もっと読む »

第11節 vs 大宮戦プレビュー 5月唯一のホームゲームは、現在、21戦無敗・7連勝で、首位独走中の大宮をユアスタに迎える。今季、今だ6失点の大宮の堅守は、まるで、昨年・一昨年の仙台をみているかのよう。相手の堅守を上回るスピードとアイデアが、勝敗の行方を左右しそうな一戦。

 「ストップ・ザ・大宮」   スポーツ紙やニュースなど、どのメディアを拝見しても、「大宮の… もっと読む »

名古屋0-2仙台 持ち技「堅守速攻」が、見事にハマった完勝劇。ポゼッションに拘らず、相手に持たせる形で主導権を握り続け、不調に苦しむ名古屋のウィークポイントを容赦なく剔り、快心の2得点を挙げた。守っては、運にも恵まれての無失点勝利。角田と柳沢のWヘッド弾は、J1らしい、見応え充分の得点シーンだった。

 日程面で相手より好条件とはいえ、ウイルソンを出場停止で欠くこの一戦で、よもや、ここまでの完勝劇を拝… もっと読む »

第10節 vs 名古屋戦プレビュー ”ACL明け”節目のリーグ5月初戦。ACLの予選敗退は残念だったが、これで5月の過密日程は回避。万全の準備を以て、5月反攻の狼煙を上げられるか。ACLの影響で、ウイルソンは出場停止。攻撃陣に、より一層の奮起が求められる一戦。

   ACLの予選敗退は悔しくとも、あまりにも貴重な経験を積まさせて頂いた。選手どころか、… もっと読む »