月別: 2013年9月

仙台0-0横浜FM 失点の少ないチーム同士らしく、守り合い&潰し合いの結果でスコアレスは妥当。お互いに決定機少なく見所も殆ど無かったが、相手の特徴を消す、仙台の守備の秀逸性は向上。残り7試合、更なる上位進出に期待繋がる。

 終わってみれば、スコアレスドロー。お互いに決定機も少なく、それ以前にシュートも5本ずつと、少々物足… もっと読む »

第27節 vs 横浜FM戦プレビュー データ上は好相性な対戦カードも、ゲームメーカー・中村俊輔を軸としたベテラン軍団は現在首位を快走。「彼」をキッチリ止めて無失点を目指すのが、勝利に一番近いか。ガチガチの防衛戦が予想される今節、上位進出の名乗りを挙げるには1-0覚悟の我慢較べも必要。

 失点26の横浜FM vs 失点27の仙台。それぞれ、リーグトップ3位と4位の直接対決となる今節は、… もっと読む »

大宮0-2仙台 西日と敵の猛攻に苦しみながら耐え抜いた前半。サイド攻撃を意識して活性化させて主導権を奪い返した後半。石川直の豪快ダイブと梁の三度目の正直シュートが実を結んで2得点を挙げて完勝し、一時は首位に立っていた大宮の上へと順位を上げた。

 若干、夏のぶり返しのような気温30℃を記録する中でも、湿度は44%とそれほど高くなく、秋晴れのサッ… もっと読む »

第26節 vs 大宮戦プレビュー 一時期は首位に立っていた大宮との直接対決。8連敗を含む、10戦1勝9敗の大宮を相手に、前節6得点大勝とした仙台はどう挑むのか。勝てば大宮と順位がひっくり返るチャンスに、攻撃的守備の復活で挑む。順位の面で大躍進も大転落も有り得る、今節の中位混戦。上位争いに、”乗る”か、”反る”か。

 前回5月のホームでの対戦時、大宮は、昨年から続く無敗記録を21とし、今季の連勝記録を7に延ばしてい… もっと読む »

仙台6-0大分 クラブ史上初の1試合6得点で大勝。攻守も噛み合い、無失点。角田×2、梁1G1A、石川大徳の移籍加入発得点に、柳沢とウイルソンにも得点。ウイルソンはPK逸の汚名払拭の得点劇だった。決めるべきときに決められた仙台、ここから今季のラストスパートを見せてくれるのか。

 今季、リーグ戦では1試合に3得点をまだ挙げていなかった仙台。先週の天皇杯で、ようやく、公式戦1試合… もっと読む »

第25節 vs 大分戦プレビュー 天皇杯での快勝を経て再開するリーグ戦の相手は大分。最下位をひた走る相手だが、実は得点力は、仙台との差無しの26得点。となるとポイントは、「失点リーグワースト2位タイの大分 vs 失点リーグトップ4位の仙台」という、失点の我慢比べか。得点力に乏しい両チーム、これを打開するのはどちらか。

 天皇杯2回戦のため、先週はリーグ戦がお休みだったJ1。2週間のインターバルによって、懸念だったサイ… もっと読む »

【天皇杯2回戦】仙台3-0秋田 佐々木勇人選手のスーパーなミドルが前半1分に決まるという、衝撃的な幕開けの一戦。赤嶺が久しぶりに得点を挙げ、ダメ押しで松下も得点。今季初、公式戦3得点での快勝。パスワークの秀逸な秋田に最後まで自陣ゴールを割らせず、完勝で3回戦に駒を進めた。熊林、仙台凱旋の一戦。

 今にも泣き崩れそうな空模様の下、仙台の今季の新たな戦いが始まった。例年、天皇杯は初戦から厳しい戦い… もっと読む »

湘南3-2仙台 晩夏の夜の悪夢か。不運にも見舞われミスから3失点。攻めてはウイルソンの1得点+PKに留まる。本当なら仙台が獲りたかった「得点3と勝ち点3」を、湘南に持って行かれた。8月7連戦は、3連勝のあとに2分2敗と完全失速。秋口の戦いにも不安を残す内容と結果。

 もはや、聞きたくもないフレーズとなった「終盤の猛攻実らず」。唯一のストロングポイントだった堅守も、… もっと読む »