月別: 2013年12月

FC東京2-0仙台 勝ち負け以前に、天皇杯へ向けての収穫がほとんど無い消化試合。5試合未勝利で今季リーグは終戦。ラスト3試合でPKによる1点だけでは、天皇杯へ向けてあまりにも寂しい。それでも、「枠」は捉えられるようになってきた。一朝一夕で改善しない仙台の決定力は、天皇杯でその「蓋」が開くのか?

 前節・清水戦と同じように、前半から積極的に仕掛け、フィニッシュまで持ち込んでシュートを撃つシーンま… もっと読む »

J1第34節 vs FC東京戦プレビュー この一戦は、事実上の「天皇杯準々決勝の前哨戦」。リーグ最終戦である事を忘れて、嫌な印象を相手に植え付けるため、前節清水戦の戦い方を継続して臨むべし。この一戦で、勝敗は重要じゃない。重要なのは、如何に天皇杯へ向けて良い収穫を得られるか。そして、相手に嫌な印象を受け付けられるかだ。”本番”は、2週間後にやってくる。

 昨年もリーグ最終戦は、アウェイFC東京戦だった。忘れもしない、6失点大敗の屈辱。だがあの刻は、もは… もっと読む »

仙台1-2清水 敗戦の原因は「ミスからの2失点」ではなく、「3得点」獲れなかったことにある。ミスからの2失点を悔やむ暇があるなら、尽く枠を外れるシュートの精度を何とかしろ。相手が清水?関係ない。負けた相手は「自分たち」であり、清水ではない。悔しかったら、この日に見せたアグレッシブなサッカーを是非とも継続して、ラスト1試合は、3得点獲って勝利を。そして天皇杯へ。

 「ミスから2失点」 「今季初の連敗」 「リーグ戦ではまたも清水に勝てず」   そんな、筆… もっと読む »