月別: 2014年3月

大宮4-0仙台 「好相性」だったはずの大宮を相手に、無得点4失点の屈辱的な大敗。公式戦4試合連続無得点・公式戦2試合連続4失点と、とてもJのチームとは思えない散々たる状況に愕然。けが人などの不運要素を差し引いて見ても、とても今後に向けて楽観視は出来ない。今後、大幅なテコ入れ等はあるのか?

 たった一週間前。前節・ガンバ大阪戦で達成した無失点試合から期待できる堅守は見る影もなく、その後のナ… もっと読む »

仙台0-0G大阪 内容を見れば、限りなく勝ち点3に近い、前を向ける勝ち点1。「トップ下・武藤」躍動。未勝利は続くもようやく連敗を止め、ガンバ攻撃陣をシュート1本に抑えて今季初の無失点も記録。この勝ち点1は、次に勝ってこそ意味を持ってくる。勝利に値する内容は見せた。次こそ、結果を。

 この内容なら、どうしても欲しかった、勝ち点3。   今季2連敗スタートという苦境を受け、… もっと読む »

J1第3節 vs G大阪戦プレビュー 内容よりも、「結果」優先。ここでまず、一つ勝っておかないと、ズルズルと連敗街道の泥沼へ嵌りかねない、背水の一戦。相手がどこだろうが関係ない。「勝ちたい」気持ちを見せるサッカーを。ポゼッションサッカーなんて、仙台にはまだまだ無理。泥臭く、泥臭く。堅守速攻のシンプルなサッカーでも構わない、選手が伸び伸びとプレー出来る、オーソドックスなサッカーを。

 今日(3/14)の某ラジオ番組で、ロジャー大葉氏が語った一言。「まだ、ベガルタに"初日が… もっと読む »

鹿島2-0仙台 試合内容、前節よりも悪化。ファーストシュートまで40分も掛かるようでは、どんな相手とやっても勝てる訳がない。前半から攻勢の意識が高かった鹿島の裏を突けないようでは、単に「サンドバック練習の相手」でしかない。武藤先発以外の収穫ゼロな消化試合。昨年からのリーグ戦連敗は「5」に。危機感あるのか、仙台。

 若手選手の起用が多かった鹿島。だが、若さがある分、試合にノせてしまうと、手が付けられない心配もあっ… もっと読む »

仙台1-2新潟 2014年開幕は、黒星発進。結果だけ見れば、またも新潟に敗れ、対・新潟戦は屈辱の4連敗。だがその内容は、課題もあれど昨年までには観られなかった「可能性」を、色濃く感じられるものだった。辛抱強く応援するしかない状況だが、その”価値”は在る。但し、まずは「シュートで終わる」意識を取り戻して欲しい。

 後半44分。田中達也に代えて途中投入されて来た、新潟のホージェル・ガウーショの豪快なミドルが決まっ… もっと読む »