月別: 2014年8月

仙台1-2横浜FM 前半のうちに同点として折り返すも、後半ATに被弾して万事休す。中村俊介の高精度CKから簡単に2発もヤラれては、勝てる訳もなし。被セットプレーでの集中力欠如は、疲労から来るものか。それ以前に、仙台のウィークポイントだった「プレッシングに弱い」部分を、しっかりと突かれてしまったのが起因。休もう。リフレッシュだ。今はそれしかない。

 後半のアディショナルタイムは5分と掲示され、決勝点を奪うには、充分な時間があった。だが後半は、終始… もっと読む »

J1第22節 vs 横浜FM戦プレビュー ”涼しい”ホーム戦。前節の反省。8月最後の戦いを締めくくる対戦相手は、渡邊監督就任後に初勝利を挙げた横浜FM。リーグ戦再開後の8戦を僅か1敗で凌ぐ相手に土を付けるべく、万端の準備でその”刻”を待つ。この一戦で勝利なくして、今季の上位進出無し。踏ん張れ、仙台。

 前節の神戸戦。   「清水に勝った勢い」だの、「過去対戦では4戦4勝で好相性」だの。 &… もっと読む »

J1第21節 vs 神戸戦プレビュー 「前節勝った勢い」だの「神戸には対戦成績で4連勝中で高相性」だの、メディアの言葉には決して浮かれるべからず。余計な事は考えず、この一戦に全力を注ぐ覚悟で臨まねば、絶対に勝てない。昇格圏争いに喰い込むのか、残留争いに再び巻き込まれるかの岐路に立つ仙台。正しい「道の選択」を。

 中断期間明け、前節6戦目にしてようやく勝利を挙げた仙台。失点シーンを含め、一部の守備面での課題はあ… もっと読む »

仙台3-2清水 ”天敵” 清水から、J1復帰後初勝利をもぎ取った。凄すぎる野沢効果、武藤の2得点を演出。その後にPK含むセットプレーから2失点を喫するも、後半に、逆にセットプレーから鎌田が押し込んだ、3点目の決勝点。これを、最後まで守りきった。中断明け初勝利、12位に浮上。

 この時期の試合の気温としては、珍しく20℃前後と、サッカーをする側にも観る側にも優しい気候の中で迎… もっと読む »

J1第20節 vs 清水戦プレビュー 新加入野沢、仙台初先発濃厚も、赤嶺ウイルソンの出場微妙。前線の顔ぶれに変化が予想される中においても、勝ち点3だけは必須命題。リーグ戦では未勝利の清水をホームに迎え、今度こそ、あの”壁”を乗り越える。仙台レジェンド2氏の前で、敗戦は絶対に許されない。

 仙台が、どうしても勝てない相手の中の一つ、清水エスパルス。昨年の天皇杯でこそ、公式戦での初勝利を挙… もっと読む »

J1第19節 vs 甲府戦プレビュー 一気に出揃った新戦力を引っ提げ、”今度こそ”の想いで勝ち点3を望む一戦。もはや、後ずさりの余地なし。順位で並ぶ残留争いのライバルとの直接対決は、敵地で相手を蹴落とす以外の結果が許されない排水の陣。村上、野沢、そしてようやくJ登録されたハモン・ロペスの出場は?結果の行方は?

 ようやく、ハモン・ロペスのJ登録が完了し、今節から出場可能に。世界情勢の煽りをこんな形で受ける事に… もっと読む »

仙台2-2大宮 ”リードを守れなくなった”仙台。獲っては獲られ、獲っては獲られを繰り返す展開からは、名古屋戦からの学習と成長が全く感じられない。中断前の”堅守”はどうした?3試合8失点の守備陣では、勝てる試合も勝てない。

 中断明け後のこの4試合において、リードを許したのは、FC東京戦のみ。それ以外の3試合では、一度も相… もっと読む »

J1第18節 vs 大宮戦プレビュー 今節対戦相手の大宮から「カムさん」獲得。鹿島から野沢獲得。新加入選手による「チームの化学変化」に期待しつつも、必要以上には浮かれず、今節の必勝姿勢は崩さない。大宮の新加入ムルジャ、3試合連続得点中のズラタンは徹底マーク。こういう時こそ、1-0で勝つサッカーを。

 大宮から、「カムさん」こと村上和弘選手の期限付き移籍加入がリリースされた。 2006年に仙台を退団… もっと読む »