月別: 2015年4月

仙台1-2鹿島 勝ちたいと、強く願った。ウイルソン先発復帰&菅井後半投入の人事も尽くした。決定機も数多く創った。ホームアドバンテージもあった。それでも勝てなかった。あと足りないものは?リーグ3連敗と追い詰められるチームに必要なのは、決められるときに決めきるための一工夫。下を向く様な試合内容じゃない。自信を持って、前を向こう。

試合前にウイルソンの先発復帰が報じられたとき、ある程度は攻撃の組み立てが巧くいくであろう事は予想できた。だが、… もっと読む »

J1 前期 第08節(通年08節) vs 鹿島戦プレビュー 出でよ、救世主。見せろ、勝ちたい気持ち。何かを換えなければ、何も変わらない。公式戦3連敗の苦境を脱するに必要なのは、「カンフル剤」と成り得る存在。菅井の全体練習復帰の報道と共に、ハモン・ロペスの戦線復帰にも期待が懸かる。松本山雅から学んだものを、この一戦で見せて欲しい。そして何より、勝ちたいと願う気持ちの強さだ。

まだGWの入り口だと言うのに、初夏を思わせるような陽気。夏日を記録する地域が続出し、Jリーグの開催地とその開催… もっと読む »

松本1-0仙台 松本にホーム初勝利を献上し、公式戦3連敗。無得点での敗戦も今季初。気持ちも収穫も見えない駄戦で、「ウイルソンが居ないと何もできない」苦境を露呈。ハモン・ロペスや菅井の復帰が無ければ、GW連戦で残留争いの当事者として身を投じる事になるのは時間の問題。どうする、仙台?

筆者、久しぶりのアウェイ遠征。仙台から片道500kmを越える高速道路の路程を、長野県に向けて進むにつれ、次第に… もっと読む »

J1 前期 第07節(通年07節) vs 松本戦プレビュー 地域リーグ参戦から僅か9年でJ1の舞台へ辿り着いた、新進気鋭の注目株チームとの初対戦。DF多々良は出場すれば古巣凱旋。FW山本にも出場機会はあるのか。ハモンロペス戦線復帰への期待感と共に、公式戦4戦未勝利のチームに求めるのは、アウェイながら勝ち点3。攻撃陣の奮起に期待。

ここ数年、いわゆる「新顔チーム」との初対戦が無かった仙台だが、今節の松本山雅戦にて、それが久々に実現する。過去… もっと読む »

清水2-1仙台 FW金園の仙台移籍後初ゴールで、攻撃陣に奮起の芽。控え陣の頑張りを松本戦に繋ぎたい。お互いにサブメンバー主体で臨んだ一戦は、後半に仙台がウイルソン・梁・茂木を投入し清水を攻め立てながらも得点には至らず、公式戦連敗。だが、一切気にする必要無し。ターゲットはあくまでも「リーグ松本戦」の勝利だ。

前半36分。清水1-1仙台。 得点者、FW金園。このとき、ようやくウイルソン以外の攻撃陣に得点が産まれた。FW… もっと読む »

仙台2-3川崎 FWウイルソン先制点+DF多々良初ゴールも、川崎のパスワークに翻弄され3失点を喫し、今季リーグ戦初の敗戦。遅きに徹した2点目。ウイルソン以外の攻撃陣に産まれない得点。川崎お得意の撃ち合いに持ち込まれては、勝てる試合も落とす。だが敢えて、この敗戦を引き摺る事無かれ。

前半28分。仙台1-0川崎。 川崎ゴール前の混戦から、ウイルソンが「何もせずに」その嗅覚だけで決めてみせたゴー… もっと読む »

J1 前期 第06節(通年06節) vs 川崎戦プレビュー 勝ち点1差で背後に迫る川崎との上位直接対決。「攻の川崎」vs「守の仙台」の構図が予想されるも、勝ちきるために必要なのは複数得点か。角田襲来。古巣戦に燃える角田を退けてゴールを決めるのは、やはりウイルソンか。それとも攻撃陣の誰かが今季初ゴールを決めるのか。

前節、順位を2位タイから4位に落とした仙台だが、リーグ戦では未だ無敗を継続。堅守をベースに無敗を勝ち取ってきた… もっと読む »

J1 前期 第05節(通年05節) vs 横浜FM戦プレビュー 2位で迎える、4月の “春闘” 戦線。J1昇格後、日産スタジアムでは4勝1分の無敗と高相性も、勝負は時の運であり、”絶対” は無い。だからこそ、全力で掴みに行く目の前の1勝。験の良い “4月12日” に、再び日産スタジアムでの一戦を迎える仙台は、不敗スタジアムのジンクス継続なるか。

ミッドウィークのカップ戦を消化し、中3日で迎えるリーグ戦。今節の相手となる横浜FMとの対戦の時期が来ると、毎年… もっと読む »