月別: 2015年6月

仙台2-0名古屋 中盤不安定な名古屋を、前半野沢・後半奥埜の2発で一蹴。シュートで終わる意識を高く持ち続け、名古屋の倍以上となる24本ものシュートを浴びせ、終始、名古屋を圧倒。名古屋の攻撃陣を不活性化させる堅守と合わせて、雨中ながら今季ベストゲーム級の試合を展開。前期を7位でフィニッシュ。

梅雨入り宣言を実感させる雨模様。戦前より、泉中央の上空はブ厚い雨雲に支配され、久しぶりに、まともな雨模様の中で… もっと読む »

J1 前期 第17節(通年17節) vs 名古屋戦プレビュー 前期最終節の節目の一戦だが、優勝争いには無関係だった+残留争いとは無縁になりたい仙台としては、残留争いから距離を置くための “一里塚” でしかない。後期日程へ弾みをつける意味でも、貪欲に勝利を追い求めたい一戦。勝率5割復帰なるか。

前期は浦和の無敗で戴冠という結果になったが、前期はまだあと1試合を残す。結局仙台は、前期の優勝争いどころか、常… もっと読む »

G大阪1-1仙台 前半のうちに先制を許す苦しい展開も、落ち着いて試合を運び、終盤の同点弾へ繋ぐ。奥埜、途中投入から僅か4分で「仕事」をし、自らの復帰戦でアピール。G大阪の前期優勝への小さな望みを粉砕し、対G大阪戦の無敗を継続。

目には目を、歯には歯を-。 仙台は、前半32分に、フリーキックの場面から獲られた得点を、後半43分に、同じくフ… もっと読む »

J1 前期 第16節(通年16節) vs G大阪戦プレビュー CB石川の負傷離脱も、鎌田の復帰で不安は解消。それでも、前期優勝へ向け最後の望みを繋ぎたいG大阪を止めるのは、至難の業。遠藤、宇佐美らタレント軍団に対抗できる手段は、刹那の隙すら見せない堅守をベースに、決して多くないであろうカウンターの機会を、如何にモノにするか。

2週間ぶりのJリーグ。この間に行われた、男女各々の日本代表戦のTV観戦を愉しみ、気が付けば、もう明日がG大阪戦… もっと読む »

仙台5-0鳥栖 後半だけで5得点と、攻撃陣が大爆発。守っては無失点の完勝試合。前半の停滞感を、梁の先制点と金園の2得点で見事に払拭。狙い通りに鳥栖の裏を突き続け、気が付けば鳥栖を相手にJ1初勝利。ジャンプアップで7位浮上、一気に一桁順位。

エースのウイルソンを欠いた一戦で、まさか、こういう展開が待っていようとは-。 前半でこそ、鳥栖の出足の良さにセ… もっと読む »

J1 前期 第15節(通年15節) vs 鳥栖戦プレビュー 奥埜の負傷離脱に加えて、ウイルソンが加療のため緊急離日。フォワードの軸を失った仙台が取るべき道は、ハモン・ロペスを代役とする2トップの維持か、それとも1トップの採用か。もう少しで残留争いから抜け出せる大事な時期の戦力減だが、総力戦で臨む覚悟。逆境を勝ちパターンにするなら、今度こそ、ホームで勝ち点3を。

6月2日、ウイルソンの緊急離日がリリースされた。5月30日の神戸戦での受傷の影響により、母国ブラジルへの帰国が… もっと読む »

川崎1-1仙台 控え陣&若手主体で臨んだ一戦で、蜂須賀のプロ初得点となるスーパーミドルが豪快に決まった。精度や連携の面で課題はあれど、勝たねば決勝トーナメント進出の芽が潰れる緊張感でガチガチの川崎を相手に、戦意は充分。後半ATの最大決定機さえモノにしていれば、ほぼガチメンの川崎を相手に大金星だった。負けなかった事も含めて、消化試合としては充分過ぎる収穫。

前半36分。敵陣右サイドでボールをスローインし、そのボールのリターンを自ら受けた蜂須賀は、まだ川崎ゴールからは… もっと読む »