月別: 2015年8月

仙台0-1新潟 上本の一発退場で試合が壊れてしまったものの、勝てない原因はそこに非ず。根本的に、シュートが枠に行かない精度の無さに加えて、カウンター攻撃が常に不発に終わる様では、ウイルソン復帰を以てしても、残り8試合は苦しい展開が予想される。打開策はあるのか。

前半のうちに、あまりにも綺麗に決まったカウンター2発のその美しさに、羨ましさを越えて、妬みさえ感じられた-。 … もっと読む »

J1 後期 第09節(通年26節) vs 新潟戦プレビュー DF渡部・FWウイルソンが、満を持して戦線復帰濃厚。攻守の要がようやく出揃い、熾烈な残留争い直接対決に、強力な武器が “配備” される。来季残留への大きな前進、そして、GK六反の日本代表選出に華を添えるためにも引き分けすら許されない、勝ち点3が至上命題の一戦。

鹿島、浦和とのアウェイ連戦こそ、残念な結果に終わっている仙台。だが、残留争いという意味で、強豪に2連敗した事よ… もっと読む »

J1 後期 第08節(通年25節) vs 浦和戦プレビュー 前期対戦では、5連敗低迷からの脱却のきっかけとなったカード。今回は、残留争いからの完全脱却のきっかけにしたい一戦。松本戦の後半、鹿島戦の前半のような戦い方が出来るなら、この浦和戦でも出来るはず。残暑厳しい北関東の地に、爽快な秋風を吹かせられるか。

「浦和戦」。 このキーワードを聞いて思い出すのは、壮絶なドローゲームの数々だ。仙台の2010年のJ1復帰以降、… もっと読む »

鹿島3-2仙台 「仙台の8番」の大活躍で序盤に2点先行するも、徐々に押し込まれ、あと8分+ATというところで、今度は「鹿島の8番」に試合をひっくり返されてしまった。悔しい敗戦。でもこれが、現在の仙台の立ち位置。もう一度、頭を上げろ。

衝撃的な試合の入り、そして、衝撃的な結末だった。 前半2分。鹿島DF昌子のクリアミスのボールがすばやく、「仙台… もっと読む »

J1 後期 第07節(通年24節) vs 鹿島戦プレビュー 忘れろ、松本戦の”勝利の味”を。思い出せ、松本戦の”後半の戦い方”を。決して勢いだけで勝てる相手じゃない。2ndステージ3連勝で波に乗る鹿島を”止める”だけで充分だ。勝とうと思うな、思えば負けよ。

興奮冷めやらぬ、ホーム松本山雅戦の劇的逆転勝利から、僅かに中3日。すぐにやってくる鹿島戦は、アウェイの鉄則であ… もっと読む »

仙台3-1松本 前半の早い時間帯に先制点を許す苦しい展開も、後半に3得点を挙げて逆転勝利。暑すぎない気候の中でキーポイントとなったのは、松崎しげる氏の黒さ・・・ではなく、「運動量と球際での気迫」だった。

前日までの猛暑から一転、気温25℃という好条件で迎えた一戦は、そのまま「運動量を駆使するチームにも有利」の意も… もっと読む »

J1 後期 第06節(通年23節) vs 松本戦プレビュー この2週間で、「松本山雅対策」を練る事はできたか。勝ち点3もしくは1以外の収穫は無意味な状況である事を認識できているか。夏場仕様の戦い方を見出せなければ、待っているのは4連敗という屈辱。残留へ向け、気持ちで、結果で、絶対に負けられない。

4月の1stステージでの対戦では、アウェイながら、実に情けない負け方を喫した仙台。まるで「緑色の浦和」と言って… もっと読む »