J1 前期 第17節(通年17節) vs 磐田戦プレビュー DF渡部の戦線復帰と引き替えに、今度は野沢と富田が負傷で戦線離脱の大ピンチ。野沢抜きで攻められるのか?富田抜きで守れるのか?「狙え5連勝」とか、呑気な事を夢見ている状況ではない。全員サッカーの真価が問われる一戦。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
ようやく上昇気流に乗り始めたかに思われた仙台に、突如、激震が走った。野沢と富田の負傷による戦線離脱報道。直近の4連勝を含め、ここ6戦で5勝1敗の好成績の立役者の一角であった野沢と富田だが。今節に向けては、一気に彼ら2人を欠いて、厳しい戦いに臨まねばならなくなった。

今の仙台にとっては、どちらも欠く事が出来ない選手だ。この連勝中にも、「野沢や富田が居なかったらと思うと・・・」と、縁起でもない想定が脳裏を走った事もあったが、まさか、それが現実になろうとは。しかも、2人同時に、である。

こんな状況下で、呑気に「5連勝目指して」などとは、筆者は言えない。只でさえ筆者は、「連勝なんてものは、決して”目指す”ものではなく、”結果として付いてくる”もの」と言わせて頂いているが、こういう事象が発生すると、益々、一戦一戦を大事に戦わねばならないと痛感する。

ただ、対する磐田側も、エースのFWジェイが「チームの和を乱した」とかで、名波監督が、今節のジェイの仙台戦起用を見送る公算。ただこちらは、どこまで本当の話かは不明であり、最悪、本人が何事もなく出場してくる可能性を否定できない。

しかし、ジェイが出ないなら出ないで、お互いに「飛車角落ち」の対戦の構図となり、勝負の行方は、如何に「総力戦で相手の上を行けるか」に懸かってくる。仙台としては、フォワードとボランチMFに、今節誰を先発起用するかが注目される。

普通に考えれば、フォワードはウイルソンの先発復帰だろうが、ここしばらくウイルソンは調子が上がらず、ハモン・ロペスに先発を譲る形が続いていたうえ、直近でまた、足に違和感があるとかで今節微妙、という情報も聞き及ぶ。ウイルソンは、残念ながら今節もアテにはならなさそうだ。

それでも攻撃陣は、まだ水野を始めとして、元気な駒が粒ぞろいなので、どうにかなりそうではある。1年を通して、ベテランの野沢を先発起用できるとは、元より思っていなかった。こういうときにこそ、控えの攻撃陣の奮起が求められるが、果たして野沢級の活躍が出来るかどうか。

だが、攻撃陣は「打てる駒」があるだけ、まだマシか。守備陣に至っては、富田はもはや「代えの利かない存在」になりつつあり、富田の居ない試合展開を想像するのが難しいくらいだ。それでも候補に挙げるとすれば、キム・ミンテか、はたまた藤村か。ただこの場合、ボランチ相棒の三田も含めて、みな「攻めたがり」な配役ばかりとなり、富田のように、経験を活かした攻守のバランス調整は非常に難しい。それならまだ、本職ではないにしろ、ボランチ経験を重ねてきている梁に託すほうが、より現実的かもしれない。

いずれにせよ、「勝てていたときの先発布陣」に手を入れざるを得ないのは、厳然たる事実だ。誰を起用するにせよ、今節に求められているものは勝利以外になく、5連勝で1stステージをフィニッシュする事にばかり注目が集まってしまいがちだが、正直、監督の心中は「それどころではない」だろう。

今節の仙台は、野沢や富田を欠いてもなお、総力戦で戦えるチームになっているのかどうかの「抜き打ち試験」のようなものだ。好調を維持して連勝街道を歩み始めたチームにとって、まさに、目の前に突如現れた「落とし穴」。野沢や富田が居ないからと言って、この穴に落ちても仕方なし、という言い訳にはならない。

だが、勝負は常に「刻の運」である。何が幸いするか判らない。こういうときにこそ、ラッキーボーイが登場して、迎える夏場の戦いへの大きな期待へと昇華できれば良いが。そう、簡単には行かないだろう。

望まれる結果は「勝利」だが、それを見据えて、どんな準備とどんな施策を、監督が拍ってくるのか。そこに注目しつつ、キックオフの刻を待ちたい。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村