J1 第07節 vs 鹿島戦プレビュー リーグ戦では連敗中の仙台。直近のルヴァン杯で磐田を相手に2得点快勝という収穫はあったが、今節の鹿島戦は「全くの別物」。自分たちの現状の「やりたいサッカー」が通用する相手かどうか、しっかり見極めて臨みたい一戦。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
直近の水曜日にユアスタで開催された、ルヴァンカップ予選第2節・ホーム磐田戦では、FWクリスランが来日初先発、そして、ユース出身2年目のMF佐々木匠の公式戦初先発と、フレッシュな攻撃陣の駒を置いて臨んだ。結果は、MF佐々木の1G1Aの大活躍で磐田に快勝。FWクリスランも、MF佐々木の「裏への見事なラストパス」にしっかり反応し、GKの股を抜く高精度なシュートで先制点を挙げた。2点目のMF佐々木に至っては、GKの位置を見越しての技ありループが綺麗に決まり、追いすがる磐田にトドメを刺した。華々しい先発デビューゴールだった。

リーグ戦において、なかなか「得点」という結果を出せない先発陣に向け、ベンチスタート組のクリスランや佐々木が先発していきなり結果を出したという事実は、今節の鹿島戦に向けての大きな好材料になったとは言える。しかし、相手の磐田は「レベルダウンした1軍」で、攻守ともに、決してJ1のクオリティとは言えなかった。磐田を迎え撃った仙台としては、守備陣にはリーグ戦での主力陣を起用し、攻撃陣にはフレッシュな顔ぶれを並べた「1.5軍」相当のメンバー構成。相手との戦力差が釣り合っていた仙台としては、勝てる要素は充分にあり、そして、期待通りの結果を叩き出した。クリスランと佐々木匠がそれぞれゴールという結果を出した事で、リーグ戦にもこの流れが波及する事に期待したい。

ただ、今節の相手は、あの鹿島アントラーズである。川崎戦や浦和戦、そしてルヴァンカップのFC東京戦と同様、誰が先発しても充分にJ1で上位争いが出来るだけの豊富な戦力を持ち合わせ、リーグ戦6試合を終えて勝ち点12の単独3位をキープ。やはり、地力のあるチームは違う。特に今季は、リーグ戦6試合を終えて、僅かに4失点という堅守がモノを言っている。攻撃陣では、神戸からペドロ・ジュニオールや、新潟からレオ・シルバを獲得するなど、仕事の出来る選手を欲しいままに手に入れられる羨ましさがある。そんなチームを相手に、ルヴァンカップ磐田戦と同じ様な戦い方をして、安易に通用すると思うほうが間違いだ。リーグ戦での得点こそ、6試合で6得点と振るわない状況にあるが、彼らはきっと、こう思っている。

「仙台が相手なら、大量得点も夢じゃない-」

仙台は現在、リーグ戦で、ここまで僅かに3得点。そして失点は、浦和戦での7失点を筆頭に、既に11点。それも、仙台が勝つときと負けるときの試合の流れははっきりしており、「勝つときは無失点で1-0、負けるときは複数失点で無得点」である。つまり、1点でも獲られてしまうと、勝率はゼロパーセントだ。これは、ルヴァンカップの2試合を含めてでも崩れない方程式となってしまっている。つまり、仙台が「勝ちきる」ためには、現状では、どうあっても無失点で相手を抑えなければならない。

鹿島の豊富な攻撃陣の戦力を考えると、仙台としては、磐田戦の勝利で「ヘンな勘違い」をしてはいけない事にも気が付く。戦力ダウンしていた磐田にカップ戦で勝てたからと言って、主力を惜しみなく投入してくるリーグ戦での鹿島を相手に、自分たちの「やりたいサッカー」を繰り広げて、勝てる訳などないのだ。

何度でも言う。勘違いをしてはいけない。仙台は、川崎や浦和といった、優勝争いに毎年参画するだけの豊富な戦力を持ったチームに、充分渡り合えるだけの攻撃力を持っている訳ではない。そのことは、川崎戦と浦和戦での攻撃の稚拙さが証明している。

この鹿島戦において、仙台がやるべきこと。

まずは、もう「0-0」のスコアレス狙いでも構わないくらいに、相手の攻撃の芽を潰し続ける、泥臭い専守防衛のサッカーをベースとすることだ。下手に、自分たちのやりたいポゼッションサッカーで攻撃を仕掛けようとすれば、中途半端な位置でボールを失い、そこからの高精度・高スピードなカウンター攻撃の逆襲に遭って、簡単に失点する。

そして、いちど失点してしまえば、現状の仙台では勝機を失う。守備のリスクを侵して無理に攻め続ければ、空いた自陣のスペースを鹿島の攻撃陣に使われてしまい、立て続けに失点することになるだろう。そうなれば、浦和戦の惨敗の二の舞である。

前節の浦和戦の敗戦を受け、そのあまりの衝撃さに、正直、レポートを執筆する気には成れなかったため、3日も経ってから、レポートのブログ休載とさせて頂いた。普段であれば、どんな負け試合でも必ず書いているが、あまりにも情けなく失点を繰り返す惨状に、観ていて心が折れた。この気持ちを建て直すのに、先日のルヴァンカップの日まで掛かってしまったほどだ。

「あんな想い」は、二度と、したくない。

相手の技量の高さを、リスペクトすればこそ。
そして、自分たちの地力の程度を思い知ればこそ。

まずは、鹿島の攻撃の芽を摘む作業に集中し、その中から見えてくる、ほんの僅かな勝機に期待するしかないだろう。

つまり、自分たちのやりたいサッカー(=ポゼッションベースのアクションサッカー)よりも、決して進んでやりたいとは思えない、相手の攻撃を潰すサッカー(=カウンターベースのリアクションサッカー)を、敢えて実践したいところである。

これは決して「戦術のブレ」ではなく、持ち得る戦術の幅を広げる事となる。相手に合わせて戦術を変える事は、どこのチームでもやっていることだ。特に、戦力差のあるチームとの対戦においては、その「差」を縮めるための方策が必ず必要となる。が、今の仙台には、その方策が無い。どのチームを相手にしても、自分たちのやりたいポゼッションサッカーばかりをぶつけ、そして、詰まらないパスミス等を狙われてカウンターを受けて失点を繰り返す。相手に技量があればあるほど、その傾向は顕著に表れる。そんなサッカーを、仙台は今季、ずっと繰り返してきているのだ。

それは、良く言えば「ブレない戦い方」でもある。だが、それがかえって、「仙台の戦い方のパターン」を相手に読まれやすくしている結果となっている。いい加減、仙台も、相手に合わせた変幻自在な戦い方を習得しなければならない時期ではないのだろうか。

以前の仙台は、「優勝争いをしているチームに、一泡吹かせるだけの底力」を持っていた。その反面、残留争いをしているようなチームには、以外に脆かった。

今は、その逆である。優勝争いをしているチームにはアッサリと負け、残留争いをしているチームにはきちんと勝てる。ある意味で「普遍化」してしまっているのだ。

戦術練習などは、決して、一朝一夕にモノに出来る訳ではない。それなのに「あれもこれもできるようになれ」というのも、酷な話である事も判っている。

だが、戦力差のあるチームとの対峙において、「同じ様な戦い方」で「同じ様な負け方」を、繰り返し見せ付けられているサポーターとしては、「応援のし甲斐」に疑問符が付くのも、また事実だ。

サポーターは、どんな手を使ってでも「強い相手に一泡吹かせる」仙台の姿を観たいと思っているはずなのだ。

「今のサッカーをモノに出来れば、いつかは鹿島や川崎や浦和のように-」

志の高さは買うが、現状においては、クラブ予算や歴史・実績の面で相当に差のあるチームと肩を並べるような、すばらしい攻撃サッカーを目指す事、それそのものに、無理があるとは思わないか?

今、仙台に求められているのは、「少ない予算・戦力での大きな仕事」である。

相手の攻撃の芽を潰し続ける展開の中から、ほんの僅かな勝機に賭ける、泥臭いリアクションサッカーの、どこがいけない?

サポーターが観たいのは「面白いサッカー」だ。

それは決して、鹿島や川崎や浦和のように、資金面にモノを言わせて獲得するような選手をズラリと並べて繰り広げるサッカーばかりではない。

仙台には、仙台になら出来る、仙台にしかやれないサッカーがあるはずではないのか。
そこに気が付けない限り、観客動員が延びる事には、とても期待できそうにはない。

今の仙台は、J1の「ダークホース」にすら成れていない。
まずは、仙台は、この「ダークホース」たる存在を目指しても、面白いのではないだろうか-。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村