広島3-3仙台 寸でのところでこぼれ落ちた、勝ち点2。2失点をひっくり返すエネルギーがある事は示せたが、最後は時間稼ぎをしてでも、相手にチャンスを与えるべきではなかった。だがまずは、今季初の「リーグ戦3得点」という結果を評価したい。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
仙台3-2広島で迎えた、後半アディショナルタイム。仙台は、後半に2失点を喫しながら、その後に3得点を奪う猛攻を見せ、一時は逆転する強かさをみせた。だが、ほぼ試合が終了するかと思われたラストプレーで、広島に劇的な同点弾を叩き込まれ、そのまま試合は終了。辛くも仙台は、勝ち点3を逃し、勝ち点1に留まる結果となってしまった。

敗戦に等しい失点。アウェイの地でこんな試合展開を得られたなら、アウェイ側のチームは、逃げ切る事にのみ集中するべきだった。だが「逃げ切ろう」という共有意識がチーム全体に浸透しておらず、試合終盤で、守備がバタついた。その結果の失点。勝ち点3が1に変わってしまった瞬間、試合終了のホイッスルが吹かれた。

まだまだ、このチームはどこかに「甘さ」がある。だが「誰が戦犯か」という点に、今回は触れる気はない。

「勝ちたい」という気持ちが、2失点のあとに3得点を導き出した。梁の飛び込み、三田のフリーキック、そして石原の古巣恩返し弾。どれも、素晴らしい得点シーンだった。勝っていたなら、一つ一つのシーンを、じっくりと振り返りたいところだ。

しかし、最後の失点で、全てが水泡に帰した。勝ち点1をアウェイの地から持ち帰る事が出来た事は評価に値するとは思うが、今回は、「勝ち点1を拾った」というより、「勝ち点2を失った」という意味合いの方が強い。その事は、誰よりも選手が、そして、現地で試合を見守っていたサポーター、並びに、地元で中継を観戦していたサポーターが、一番良く判っている。

だが、過ぎ去ってしまった事を悔やんでも仕方がない。これでリーグ戦は4試合連続で未勝利となってしまったが、それでも、今季初めて、リーグ戦で3得点という結果を叩き出した。その原動力は、決して、途中投入された梁でも蜂須賀でもない。それは、「2失点するまで」にはほとんど見られなかった、攻撃面におけるワンタッチプレーやダイレクトプレーなどのアイデアが無かった事にある。

度重なる大量失点を気にするあまり、だったのだろうか。あまり積極的な攻めを見せなかった仙台は、前半こそ0-0のスコアレスで折り返せたものの、後半15分までの間に、立て続けに失点してしまった。前線の1トップにクリスランが居ても、そこを活かせるような攻撃展開に乏しかった。

これまでの仙台なら、ここから更に、ズルズルと失点を重ねていただろう。だがこの日は、ここから、前節までに見せたような、積極的な速攻サッカーがようやく眼を覚ました。後半20分の選手交代をきっかけに、前述のようなワンタッチプレーやダイレクトプレーが顔を出すようになった。

「そうそう、それだよ!なんでそれをもっと早くからやれないんだよ!」

という、現地サポーターの声が聞こえてくるかのようだった。僅か6分の間に2失点したチームは、その後、僅か8分の間に、3得点を奪い返してみせた。

ここまで来ると、もう、メンタルの問題以外に原因が見当たらない。確かに、反撃の1点目を奪ったのは途中投入された梁だったが、あそこまでお膳立てすれば、飛び込んだ選手は、ほぼ誰でも得点できる。

アウェイである事、そして、相手が今季低迷していながらも「あの広島」という事もあり、イケイケ過ぎる攻撃は、その裏を盗られて失点する危惧もある。それを懸念するあまり、攻撃も些か慎重気味になった事は否めない。

だが、失点してから得点を挙げるよりも、先に得点を挙げれたほうが、仙台としては、メンタル面で有利なのは誰の目にも明らかだ。できれば、アウェイの地でも先に得点が欲しい。

それでもこの日は、先に2失点を喫しながら、そこから一時は逆転する3得点の猛攻が実った事を評価したい。今季ここまで、リーグ戦ではなかなか複数得点が産まれなかったが、クリスランや佐々木らフレッシュな攻撃陣を先発起用する事により、ダイナミズム溢れる速攻サッカーが目覚めた事が、今日の3得点の礎である事は言うまでもない。

次節、カップ戦のホーム清水戦を挟み、リーグ戦はアウェイ清水戦となる。奇しくも「清水戦の連戦」となるため、メンバー構成は一考を要するとは思うが、筆者個人としては、リーグ戦は基本的に、今節の広島戦と同じ先発メンバーをぶつけたい。

一部、個々の若手選手におけるプレーの質の問題もあるかとは思うが、それを言い始まったら、いつまで経っても、若手選手は成長しない。ベテランと若手を、バランス良く起用し続ける事こそ、結果を出しながら若手を育てる、唯一無二の手法なのだから。

「結果を出せなかった → 次はベンチかメンバー外」

それは、実力ある選手を豊富に抱える、一部の強豪クラブでのお話だ。

重ねて言う。仙台は今、我慢して若手を育て、世代交代を促さねばならない時期だ。今季ここまでの「1-0でしか勝てないサッカー」からの脱皮には、荒療治もしくは劇薬服用レベルの覚悟を持った戦いに挑まなくてはならない。

とりあえず、今季リーグ戦の目下の目標は、筆者個人的には「複数得点を奪って勝利」としておきたい。そして、それが達成できる日は、決して遠くはないものと思っている。相手は関係ない。今の布陣、そしてその戦い方で臨む、とチームが覚悟を決めたのなら、サポーターは、それを信じて応援するのみだ。

その先に、涙が止まらぬほどの劇的かつ感動的な勝利が待っている事を信じて-。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村