仙台1-0広島 劣勢を堪え忍んだ前半、息を吹き返して先制点を奪った後半。殊勲はFW西村の強烈ミドルも、勝因は “守備意識の植え付け” にあり。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
スコアレスで迎えた、後半5分。この日先発のFW西村が、強烈なミドルを広島ゴールへ放つ。その球威は、広島GKのセーブに遭うも、その手を弾く勢いを持っていた。そのこぼれ球を、FW奥埜が詰めてゴールゲット。

後半6分。仙台1-0広島。

実に、8試合ぶりの先制点だった。勝てなかったこの7試合の間は、前節の磐田戦を除けば全て、先制点を相手に献上しており、ビハインドを負う苦しい戦いを強いられていた。

前節の磐田戦も含め、仙台は、攻撃をシュートで終わる事がなかなか出来ずに苦心していた。だが、それもそのはず。何試合も続いた、あまりの複数失点の多さに、戦術を攻撃重心から守備重心へとシフトしていた事もあり、その結果として、攻撃を展開する時間帯の長さよりも、守備で我慢する時間帯の長さのほうが上回っていた事が原因である事は否めなかった。

しかし、それを差し引いてもやはり、攻撃シーンでのパスワークの卓越さでは、広島の方が何枚も上手だった。広島がなぜ今の順位に居るのかが不思議に思えるくらい、迫力ある攻撃展開を、この日も見せつけられた。

だが、そんな広島の攻撃を以てしても、確実に仙台の守備はその堅さを増していた。我慢するべきところは我慢し、そして、数少ないチャンスをモノにして得点を奪う。その”チャンス”が訪れたのは、後半始まってすぐの事だった。

前半から、積極的に攻撃に絡み、シュートフィニッシュの意識を強く打ち出していたのは、シャドーのポジションに入っていた、FW西村。多くの選手が、撃ったシュートを枠に飛ばせない中、西村はミドルレンジから、強烈な枠内シュートを放つ意識を、以前から見せていた。そしてこの一戦でも、それは発揮されていた。

それが結実したのが、後半5分の得点シーン。強烈なシュートを広島GKにお見舞いすると、これを片手で掻き出すのが精一杯だったのか。ボールは前方に溢れ、そしてそこへ、シャドーの相棒・奥埜が詰めて、難無くゴールゲット。

実に、実に8試合ぶりの先制点だった。そして、この先制点を最後まで守りきり、ここ3年あまり勝てていなかった広島に、1-0で勝利を収めた。

決して、今季目指していた「攻撃重視の戦い方」で得た勝利ではない。そのサッカーを貫いてきた結果、奪った得点よりも、カウンター攻撃で失う点のほうが多くなり、止むを得ず、戦術を守備重視にソフトした状況の中、広島のシュートがポストに弾かれるなどの運にも恵まれてのものだった。一歩間違えれば、ポストに弾かれて助かった広島のシュートが決まり、そしてその逆で、西村のシュートが広島GKに止められ、0-1で敗戦していてもおかしくない状況だった。

まさに、紙一重の勝利。こういう勝ち方は、そうそう続けられるものでもない。だが、得点こそ奥埜にもたらされたがそのうちの90%は西村のものであり、3年目の彼が先発に割って入るだけの理由の一つが、従来の仙台の選手には無かった、ミドルレンジからの枠内シュートの意識だ。そしてそれは、今季の攻撃重視の戦術によって養われたものではある事もまた事実だ。これがあれば、その「紙一重」をモノにできる可能性は、今後も高くなるだろう。

失点の多さが故に、現状こそ守備重視の戦い方を選択しているが、これがベストでない事は、誰の目にも明らか。いずれはまた、今季序盤から取り組んできた、攻撃重視の戦い方に回帰したいところである。

ただこれで、「戦術の引き出し」に厚みが増したとも言えるだろう。相手に合わせて、攻撃重視の戦い方とするのか、守備重視の戦い方とするのかを、試合毎に選択できるようになるうえ、状況に合わせて、試合中の戦術変更も可能になるはずだ。決して、今季序盤から貫いてきた戦い方を棄てた訳ではないはず。それがあったからこそ、今節の西村の「アシスト」が産まれたはずなのだから。

この広島戦を見て、再認識した事がある。それは、どんな戦術を採るにせよ、大事なのは「攻守のバランス」だと言うこと。攻撃重視の戦術では、確かに昨年よりも得点は獲れるようになったが、その反作用で、カウンターを受けて安易に失点する場面も増えてしまった。ボクシングで言うなら、ノーガードの撃ち合いに挑んだようなものだ。

また、守備重視の戦術では、失点こそ減少傾向にする事ができる反面、攻撃に出て行けるチャンスの数もまた減少する。現状、カウンター攻撃が不得手な仙台にとっては、決して望ましい戦い方ではない。ボクシングで言うなら、相手に撃たれ続けて疲労が蓄積する中、起死回生のカウンターパンチ1発を狙うようなものだ。

いずれの場合も、失点よりも得点のほうが上回らねば、勝利に繋がらない。出来れば、前者にてそれを達成したいところなのだが、現状では、止むを得ず後者にて、それを目指している、という訳である。

監督としても、苦渋の決断だったはずだ。これで結果が出なかったら、サポーターから槍玉に挙げられるだけでは済まず、自身の進退問題にも発展しかねない。他チームの状況を伺うと、とうとう、神戸のネルシーニョ監督にもほぼ解任決定の報道が出て来た。そんな中、8試合ぶりの勝利という事実は、一服の清涼剤になったはずだ。

戦術の方針変更については、それに疑問を投げかける声も、決して無い訳ではない。だが、「同じやり方を貫き通す」という事は、それを研究して対策してくる相手の上を行くスピードで、こちらも成長を続けなければならない、という事でもある。そして、そこにはある程度の限界がある事も、また事実だ。

であれば、相手の目先を変えるような戦術変更をこちらが打っても、別に構いやしないだろう。それで結果を出せるならば。

サッカーは、基本的に「相手の騙し合い」のスポーツだ。シュートを撃つと見せかけてフェイントし、味方にパスを出したり、ショートパスを繋いで攻め続けていたと思ったら、突然サイドチェンジして一気にカウンターを仕掛けたりと、相手の「守備の意識の裏」を如何に突くかがポイントのスポーツだ。となれば尚更、採れる戦術に「幅」がある事は、絶対的に有利な条件となるはずであり、結果として、成績を伸ばし得る「己の糧」になるはずなのだ。

どんな戦い方を選択するにせよ、そこに「完成形」は存在しない。もちろん、ある程度の成熟性は必要だが、その成熟度を上げる事に腐心するあまり、勝ち点や勝利から遠ざかり過ぎるのもまた問題だ。「3年あれば必ず優勝できるチームにしてみせる」と言われたからと言って、1年目に降格の危機に瀕して良い訳では、決してない。これは「興業」という意味においても、その辺のバランスや匙加減もまた、やはり大事なファクターなのである。

そういう意味においても、今回、前節の磐田戦から続く「2試合連続の無失点」は、この「2試合で奪った得点が僅かに1」という厳しさよりも、得られるものは大きい。おそらく、今季シーズン序盤からの攻撃的戦術を貫き通していたら、磐田戦も広島戦も、大量失点で敗戦していた事だろう。

筆者としては、監督の今回の「英断」に、静かに拍手を送りたい。渡邊監督が続投する限り、いずれこの「英断」が支持される日は必ずくるだろう。

「勝てない夏、仙台の夏。」

以前にも書いたかもしれない、夏場に勝てない仙台を表現したこのフレーズ。夏場の仙台は、例年、本当に勝てない日々が続く。だが、今季から取り組む3バック+1トップの布陣は、このフレーズを過去のものにするだけのポテンシャルを持っている。その前途に、多少の経路変更があったとしても、主軸の方針さえブレなければ、信じるに値するはずだ。

厳しい視線を向けつつも、そのあたりを鑑みながら暖かく見守る事もまた、私たちサポーターの役目ではないだろうか。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村