LC横浜FM戦レポート/清水戦プレビュー 今季初の退場者を境に防戦一方の戦いを強いられたが、GK川浪を始め守備陣の奮闘光り、無失点ドローに持ち込み勝ち点1を奪取。公式戦5試合2失点の堅守・仙台が、公式戦5試合8得点と攻撃絶好調・清水のホームへ乗り込む。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
試合の序盤から、積極的に横浜FMの最終ラインの裏を狙う攻めを見せ、敵地ながら試合の主導権を握っていた仙台。守備面もしっかりと機能しており、「あと足りないのはゴール」というシチュエーションで、期待に胸が膨らんでいた。

そう、「あのシーン」が訪れるまでは-。

前半37分、この日はボランチの位置でスタートしていたDF板倉が、相手のMFバブンスキーへのスライディングを敢行。このプレーが危険行為と見なされ、よりによって、一発レッドを受ける羽目となってしまった。

そのうえ、板倉がこのプレーで負傷してしまい、そのままピッチを後に。相手を怪我させての一発退場ならいざ知らず、相手はピンピン。こちらは負傷+退場と、まるで、好天の日に突然カミナリに撃たれた様な衝撃だった。まさしく、「青天の霹靂」である。

そして試合は、このシーンを境に、次第に横浜FMのペースへと傾いていく。ボランチを1枚のままプレーを続ける訳には行かない仙台は、シャドーの野津田をボランチに下げ、また両サイドのウィングバックを下げ気味にした「5-4-0」の布陣に変形。途中、この日も出来が良くなかった庄司に変えて奥埜を投入し、終盤には、石原や中野を投入してまで得点を欲したものの、最後まで、得点を奪うどころか、後半はシュート0に終わってしまった。

数的不利になった事で、試合の主導権を横浜FMに持って行かれてしまった仙台。だがここで、「GK天国」たる仙台のストロング・ポイントが、その頭角を現した。

仙台移籍加入後、これが公式戦2試合目のGK川浪吾郎。それこそ、雨霰の様に降り注ぐ、横浜FMからの被シュートを、立て続けにスーパー・セーブ。前半だけで8本、後半に至っては9本ものシュートを打たれたのだが、これを尽く、跳ね返し続けた。

「鉄壁」という比喩は、まさに、この日の彼のためにある言葉だろう。その甲斐あって仙台は、後半にシュートを1本も打てなかった代わりに、相手に1点も許さず、スコアレスドローで試合を終える事に成功。貴重過ぎる勝ち点1を獲得し、予選突破に向けての望みを残す事が出来た。

この日の Man of the match を選ぶとすれば、当然の様に「GK川浪」意外には考えられない。もし、この一戦でゴールを決める選手が居れば、その選手にMOMが与えられていただろうが、個人的には、もし仙台側にゴールを奪った選手が居たとしても、川浪にMOMを授与したいと考える。

この試合結果を受け、ルヴァンカップ予選Aグループの順位は2位から3位へと下がってしまったものの、勝ち点差が詰まっているうえ、6試合中まだ2試合を消化したに過ぎない。あと4試合あるため、首位突破の可能性すら充分に残された。これがもし、横浜FM側に勝ち点3を与えていたら、横浜FMとの勝ち点差が5に広がり、予選突破へ向けては相当なビハインドを強いられるところだった。

そういう意味において、この日の川浪の大活躍は、特筆に値するものだったと言える。

さて、この「激戦」から僅かに中3日で迎える、リーグ第4節のアウェイ清水戦。気が付けば、元・仙台の選手が4人も在籍する、縁故色強いチームになっていた。中でも、GK六反は正GKの座にどっしりと構え、そのうえ、昨年1年を仙台で過ごしたクリスランは今季既に公式戦2ゴールを挙げ、清水サポーターのハートを鷲掴みにしている。

そのクリスランの2ゴールを筆頭に、今季既に、公式戦5戦で8得点も挙げている清水は、リーグ戦3試合を終えた時点で3位に座す。得点7は、昨年の覇者・川崎の6点を抜き、現在リーグトップである。

このため、今節のマッチアップの構図は、自ずと「堅守・仙台 vs 絶攻調・清水」となる。但し仙台は、その堅守の要の一角だった板倉を負傷で欠く事になるため、そこの「手当て」に腐心する事になるだろう。一つの可能性としては、板倉と同じくU-21代表に初選出された、DF椎橋の起用も充分に考えられる。

いずれにせよ、現在勝ち点7で並ぶ清水とは、「どちらが”優勝争い”というレースの第一グループに残るか、或いは脱落するのか」のデッド・ヒートを展開する、攻防激しい一戦になる事は必至。更に仙台は、今季新加入のFWウィリアムソンすらも負傷離脱したため、攻撃のオプションは限られる事から、やはり、敵地ながらも「先制点を奪ってそのまま逃げ切り」の勝利方程式を描くしかない。本来なら、そろそろ1試合で2点以上を叩き出したいところではあるが、勝てるなら1-0でも充分OKだろう。

守備が綻ぶのが先か。
それとも、虎の子の先制点を獲るのが先か。

それによって、試合の流れや行方は、大きく左右される事になる。

例年、リーグ戦の順位が中位以下で推移する仙台にとって、この時期の勝ち点の積み上げは、目指す「トップ5」に向けての重要な試金石だ。ここで星を落とさば、また中位・下位の団子レースの渦に飲み込まれてしまいかねない。

上位争いへの御旗を揚げ続けられるかどうかは、この一戦に掛かっていると言っても、過言はないかもしれない。

瞬きすら許されない至極の一戦は、敵地・IAIスタジアム日本平にて、3/18(日) 14:00 キックオフ。

手にするのは、敵将の首か。それとも苦杯か-。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村