清水戦レポート またも前半に失点、後半得点のパターンでドローゲーム。2点目が遠い状況が続く中、被ミドルシュートへの弱耐性も克服課題。無敗に胡座をかいてはいけない。中断期間を利用し、いま一度「意識の変化」を。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村
「またか、、、」

この一戦が 1-1 のドロー決着となったとき、こう思った諸氏は多かった事だろう。前節の神戸戦に続き、前半のうちに先制点を許し、後半に辛くも1点を獲って追い付くも、逆転までは至らずにそのまま終劇。結局、2試合連続での勝ち点1に留まる結果となった。

そのうえ、相手が撃ってくるミドルシュートによる失点のパターンも、前節の神戸戦と全く同じ。監督は試合後のコメントで「あの金子君のスーパーシュートはしょうがない」と言っていたが、仙台の「ミドルシュートに対する脆弱性」の歴史は、今に始まった事ではない。以前からも、何度、ミドルによる失点に泣かされ、勝ち点を落としてきた事だろう。

神戸戦の失点シーンにしたって、あの時点で筆者は「またミドルでアッサリ失点か」と思ったくらいだ。だがまさか、似たようなミドルでの失点が、2試合も連続で起きるとは、流石に思ってはいなかったが。

中には確かに、「相手を褒めるしかない」素晴らしいミドルシュートで失点する事もある。だが、そんな失点シーンは、年に何度も起き得ない。そして、2試合も続けてとなれば、これはもう「どこか守備に問題がある」と、問題意識を持たねばならないはずだ。

でなければ、こちらをスカウティングしてくる相手チームからは、「仙台には、前半にミドルを何本か撃ってみようか。」と、守備の甘さを舐められる事も考えられる。

つまりは、相手の持つボールに対する「寄せ」が、まだまだ甘いのだと思う。こちらのディフェンディングサードに、ボールを持つ相手が侵入してきたときは、常に、シュートコースを限定する様な守備が出来なければならない。そこに、ほんの少しでも「隙」が出来ると、相手は、容赦なくそこを突いてくる。そういう部分の守備の甘さが残っている限り、これからも、「前半から危ないミドル」を撃たれ続ける事だろう。

もっと、前半から運動量を繰り出して、ミドルを撃たれないように、集中力を高めていかなければ、これからも「ミドルシュートでの失点」は止まらないものと考える。その点は、是非とも改善をお願いしたい。選手は90分を通したペース配分も考えているとは思うが、だからと言って、失点の免罪符には成り得ない。

また、1試合で2得点を獲れない現状については、良くも悪くも「仙台らしさ」である。リーグ戦では、2試合続けて1-0で勝利出来たものの、今季ここまでの公式戦6試合を通して、得点は全て「後半だけの1点」のものだ。前半、もしくは後半の早い時間帯のうちに、積極的に得点を渇望する姿勢をもっと打ち出さないと、1試合平均2得点以上は難しい。相手の「裏」を狙う戦い方も大事だとは思うが、相手に揺さ振りを掛ける手法として、仙台としても、もっと前半から積極的にミドルを撃っても良いはずだ。

一辺通りの戦い方では、相手に「パターン」を読まれてしまい、対策を講じられてしまう。ここへきてようやっと、相手の出方に合わせて、3-4-3と3-5-2の使い分けが出来るようになってきたのだ。それと同じように、相手の裏を崩すばかりではなく、ミドルで終わる攻撃があっても良いと思うのは、決して筆者だけではないだろう。

事実、昨年のリーグ覇者の川崎の攻撃を観ると、実に多彩だ。各々の選手のポテンシャルの高さによる因るところも大きいが、パスを繋いで裏を狙うだけでなく、ミドルも撃てば、ドリブルで仕掛けてファウルを誘う場面もある。サイドからの高速クロスには、味方がいち早く反応する。FW大久保嘉人の今季初得点は、まさにこのパターンだった。カウンター攻撃だって、積極的に速攻を仕掛けている。

ああいった攻撃のバリエーションを、もっと選手間で共有できないと、1試合での平均得点は、なかなか上がっていかないだろう。

いつでも「1-0」で勝てる、と思うなかれ。

守備に関しては、公式戦6試合を通して1試合1失点以下で抑える事が出来ている以上、あとは被ミドルへの対策さえきちんとできれば、もっと堅守性が上がるものと考える。実際、優勝候補クラスの川崎、広島、そして鹿島は、リーグ戦4試合が終わった現時点でも、未だに1失点だ。実際に彼らの試合を観ても、相手に、容易にシュートを撃たせない鋭い出足からの積極的な寄せの守備場面が多く見受けられる。彼らに出来て、今の仙台の面子に出来ない事はないだろう。運動量を惜しまなければ、出来るはずだ。

また、攻撃の面に関しては、永戸・古林・中野らサイドアタッカーを起点としたショートカウンター攻撃をもっと仕掛けて欲しいし、野津田や奥埜は、ボランチの位置からでも、もっとミドルを撃って欲しい。昨年まで在籍した三田のミドルへの積極性を思い出せば、筆者の言いたい事が判るはずだ。

ウィングバックとボランチが攻撃の起点となり、相手の守備を、蜂の攻撃の様に突き続ければ、必ずや得点機は訪れる。そしてその「据え膳」を、石原、阿部、西村らストライカーが決めれば良いのである。

昨年を例に挙げるなら、クリスランの得点シーンの様な状況を、もっと創り出せば良いのである。彼も、今季移籍した清水にて、もう既に2得点だ。実際に彼の得点シーンを拝見したが、身体の使い方の巧さは変わっていない。清水が現在、仙台と同じ勝ち点8で上位に居るのは、決してマグレでも何でもなく、前線のクリスランと金子を活かした戦い方が出来ているからだと思う。元・仙台の選手が多く在籍する事もあり、これからも、清水は良きライバルで在る事だろう。

ところで今節の試合後、クリスランが、仙台サポーターの前まで挨拶に来てくれた。仙台のサポーターは、戦力外で退団になった選手の行方やその後の動向に、比較的高い関心を寄せる方だと思う。クリスラン級の選手なら、J1の他のチームでも充分通用すると信じていた。清水が彼を拾ってくれて、感謝している。

今季こそ、敵・味方に分かれての対峙となったが、私たちのサポーターの歴史に、確実に刻まれた選手だ。これからも、彼の活躍を願いたい。出来れば、仙台戦以外で。

「昨日の敵は、今日の友」という諺もある。今回のクリスランのケースは「敵と友が逆」のパターンではあるが、いずれの場合も「敵」の意は、お互いに切磋琢磨し合うライバルの意、と解釈したい。

次は、代表ウィークを挟むために2週間空き、ホームでの第5節・長崎戦の予定。それまで選手たちには、攻守に渡っての「意識の変化」を期待したい。

#ホーム・長崎戦のプレビューは、改めて掲載させて頂きます。

サッカーブログランキングに参加しています、ご協力をお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村